アフィリエイト

【収益特化】アフィリエイト記事の書き方【テンプレートを公開】

2020年11月2日

【収益UP特化】アフィリエイトの記事の書き方のテンプレートを公開

こんにちは、もりさんです。

売れる記事の書き方とは?テンプレート的なものを使って、すらすらと書けるようになりたいなぁ。というか、毎日アフィリエイト報酬を出したい・・。

こういった悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

もりさん
僕はアフィリ歴2年ほど。

現在3サイトを運営し、日々のアフィリ報酬で生きています。

いきなりですが、アフィ記事を「なんとなくの感覚」で書いていませんかね。

悲報ですが、感覚で書いた記事からアフィリ報酬を出せるのは、一部のセンスがある人のみです。

というのも、売れる記事には法則があり、その点を知っておく必要があるから。

ということで本記事では、アフィリエイト記事の書き方はもちろん、「売れる法則」にも目を向けたいと思います。

なお僕は、アフィ記事を300本以上は書いてきました。ですので、適当なことは書いていないので、ご安心ください。

アフィリエイト記事の書き方を学ぶ前に知っておくべきこと

アフィリエイト記事の書き方を学ぶ前に知っておくべきこと

それは、売れる記事に必要な「要素」を理解しておくことです。

※重要な部分なので、1分だけお付き合いください。

売れる記事には共通点がある

成功者に共通点があるように、売れる記事にも共通点はあります。

そしてその共通点とは、「PASONAの法則」を利用している、ということですね。

上記はあまり触れられていないことですので、少し深掘りします。

PASONAの法則とは

下記の通りです。

PASONAの法則

Problem(問題)
Affinity(親近感)
Solution(解決策)
Offer(提案)
Narrowing Down(絞込)
Action(行動)

※「新PASONAの法則」とも呼ばれています。

上記が売れる記事に必要な要素であり、原則です。

なおPASONAの法則とは、日本のトップマーケターである「神田 昌典さん」が提唱した法則ですね。

少し、例文を使って見てみましょう。

PASONAの法則を使った例文

・Problem(問題)
→ニキビが急にでてきて、しかも中々治らないことで悩んでいませんか?

・Affinity(親近感)
→特に顔にニキビができると、人前に立つことが恥ずかしくなりますし、デートが間近ならもう、気分は最悪ですよね。

・Solution(解決策)
→しかし、〇〇のニキビクリームを使えば、その悩みも吹き飛びますよ。

・Offer(提案)
→毎日お風呂上がりに塗るだけで、ニキビが解消していきます。とはいえ、自分の肌に合うのか、という疑問もありますよね。でしたら2週間の無料トライアルから始めることがおすすめです。

・Narrowing Down(絞込)
→サイズはボトル型とチューブ型の大・小があるので、カバンなどに入れておきたい方にはチューブ型が良いですね。

・Action(行動)
→今なら2週間の無料トライアルが実施中です。今月末までのキャンペーンとなっていますので、ぜひお試しください。

上記が、PASONAの法則を使った例文です。

即席で書いたので胡散臭くなりましたが、、それでも「行動心理学」に基づいた構成なので、「売れる書き方」にはなっているはず。

つまりこの原則を理解して、あなたのアフィリエイト記事へと転用してあげれば良い、ということです。

とはいえ、「PASONAの法則に従って書こう!」と急に言われても難しいですよね・・。

僕も当時は苦戦したので、それをテンプレートにして落とし込みました。

つまり本記事で紹介するテンプレートは、「売れる法則」に基づいたもの、というわけです。

わりと信頼性は高いテンプレだと思うので、ぜひ参考にしてください。

アフィリエイト記事の書き方【テンプレートを公開】

アフィリエイト記事の書き方【テンプレート公開】

ここからが、本記事のメインですね。

なお、テンプレートは下記の通りです。

売れる記事のテンプレート

①:キーワードの設定をする
②:読者の疑問を明確にする
③:必要な解決策を用意する
④:記事の構成案を作成する
⑤:本文をライティングする

僕は今までに300記事以上書いてきましたが、すべてこのテンプレを使用しています。

そして、アフィリエイト報酬も生み出してきました。

ではそれぞれのステップを、例文も使いつつ、説明していきますね。

※注意:ここからの文章は少し長めです。とはいえ、その分濃いノウハウを提供できる、と僕は思っています。ボリュームは多めですが、ぜひお付き合いください。

①:キーワードの設定をする

まずは「SEOキーワード」の設定です。

※SEOキーワードとは、「ググられるキーワード」のこと。

キーワードを設定するからこそ、「誰に対して書くのか」という点が明確となり、アクセスを呼べる記事を作成できるわけですね。

なお本記事は、「アフィリエイト記事 書き方」というキーワードを設定しています。

じゃあキーワードを決めるか、と思った方には注意です。

適当にキーワードを決めると、成果はほぼ出ません。

戦略的なキーワード選定法は下記で解説しているので、一度参考にしてください。

>>参考:SEOキーワード選定する方法を5つのステップで解説【サイト設計図】

②:読者の疑問を明確にする

キーワードが設定できたら、読者の悩みを明確にしていきます。

ちなみに、本記事では下記の通りです。

読者の悩みの明確化

アフィリエイト記事の書き方に必要な、悩みの明確化

なお「悩みの明確化」には、とことん時間をかけるべきですね。

というのも、読者の悩みを理解すればするほど、「書くべき内容」が見えてくるからです。

つまり、「こんなことを書けばいいのかな・・?」という「感覚的なライティング」を避けられるわけですね。

ちなみに、読者の悩みを理解するには2つの方法があります。

方法①:上位記事を見る

設定したキーワードでググりましょう。

そして上位10記事を眺め、どんな内容が書かれているか、リサーチです。

というのも、Googleは読者にベストである記事をランキングしており、「上位記事=悩みを的確に解決している記事」という構図ですので。

方法②:Yahooの知恵袋を見る

Yahooの知恵袋では、読者側の「生の質問」が見れます。

例えば下記は、「アフィリエイト記事 書き方」で検索した結果。

「アフィリエイト記事 書き方」の検索結果

上記のとおり、「読者の生の悩み」をリサーチできます。

全ての質問を見る必要はありませんが、悩みの明確化に慣れないうちは、5件ほど見ると記事作成に効果ありですよ。

なお、具体的なリサーチ法は下記にまとめたので、深掘りしたい方はどうぞ。

>>参考:ブログ記事のリサーチ法を3ステップで解説【上位表示するコツも紹介】

③:必要な解決策を用意する

解決策とは、つまり「記事の軸」です。

ブログで言うなら、H2タグの作成とも言えますね。

ということで、②で明確にした読者の悩みに対し、必要な解決策をリストアップします。

なお本記事は、下記の流れで作りました。

この記事の、②と③の流れ

読者は、アフィリエイト記事の書き方を知りたいはず。というより、「売れる記事」のテンプレートを理解したいはずだ。さらに言えば、収益が出せるか不安を抱えているはずだから、その辺りも解決できるコンテンツが必要だな。

じゃあ、用意する解決策は3つだ。

・アフィリエイト記事の書き方を学ぶ前に知っておくべきこと
・アフィリエイト記事の書き方【テンプレート公開】
・アフィリエイトはまだまだイケる話

※上記3点は、本記事のH2タグ

このような流れで、「記事の軸」が3点出来上がりました。

なお再度書きますが、記事の軸を作れたのは「読者の悩みを明確にしたから」です。

なのでステップ②をきちんと行えば、自動的に記事の方向性も決まる・・というわけですね。

注意:マネタイズ設計も行う

PASONAの法則の「行動」に当たる部分です。

マネタイズ設計が抜けていると、どれだけ記事を書いてもお金は生まれません。

ちなみに本記事では、「検索順位チェックツール」と「ASP登録」を訴求しています。訴求と書くと聞こえが悪いですが、両方必須なので紹介している形ですね。

なお、世の中のアフィリエイト記事は、大きく2つに分かれます。

アフィリエイト記事の種類

①:レビュー記事
②:ノウハウ系記事

それぞれマネタイズ設計が異なるため、ここも少しお話ししますね。

その①:レビュー記事

レビューはシンプルです。

紹介したい商品やツールのレビューを行い、その上でアフィリリンクを貼るだけなので。

ちなみに、アフィリエイトリンクの貼り方にもコツはありまして、「感覚」で貼っているなら、下記の記事を1度見ておくべきです。

>>参考:【売上UP】アフィリエイト広告の貼り方を完全解説【3つあります】

その②:ノウハウ系記事

ノウハウ系とは、本記事のようなことを指します。

ノウハウなので、基本的にはマネタイズ導線を貼るのは少し難しそうですよね。

とはいえ、読者に必要な商品をリサーチすれば、意外とアフィリする商品は見つかります。

なので、必要に応じて本やツールの紹介を、つまりマネタイズ設計もきちんと行っておきましょう。

なお、そのためにはASPでの商品リサーチも必須ですね。

定番のASP

上記は定番のサービスであり、とりあえず登録しておくのが吉です。(審査に時間がかかることもありますので。)

※余談ですが、同じ案件でもASPごとに報酬率が違う場合があります。取りこぼしを防ぐためにもチェック作業は必須ですね。

④:記事の構成案を作成する

まず、ここまでの長文に付き合ってもらいありがとうございます。

④、⑤では、アフィリ記事の構成・書き方を具体的にお伝えしますね。

なお下記の手順なら、3000文字以上の記事も、簡単に作成できます。

ということで、③で作成した「軸」を元に構成案を作ります。

イメージで言うと、目次作りですね。

なお本記事では、下記の通り。

記事の構成案

アフィリエイト記事の構成案

※参考:■はH2、□はH3を表しています。

上記のように、記事の目次を作ります。

すると記事としての方向性が頑丈になるので、話が脱線せず、まとまりある文章になります。

要は、「離脱されない記事構成になる」ということですね。

さらに、「書く内容」をサクッと書いておくと、より脱線しない記事を作成できますよ。下記を参考にしてください。

作り込んだ記事構成

アフィリエイト記事の構成案:作り込んだバージョン

たくさん話題が思いつく理由

僕の記事構成を見て、「どうして次から次に書く話題が思いつくの?」という質問が来そうなので、回答しておきます。

結論は、「検索意図」を調べたからです。

しかし、スイマセン。

ここで深掘りするには量が多すぎるので、下記で説明しています。

書く内容が1000字ほどしか浮かばない・・という人には、目を通す価値がある1記事です。

>>参考:検索意図を理解→記事の9割は完成してます【調べ方も解説】

⑤:本文をライティングする

ステップ④が終われば、あとはライティングするだけですね。

なお、ライティングのコツは「PREP法」を使うことです。

PREP法とは

結論(Point)
理由(Reason)
具体例(Example)
結論(Point)

上記の型のことです。

この型を使えば、論理的な文章が作成できるので、かなりおすすめ。

では、具体例で見てみましょう。

具体例で見るPREP法

結論:アフィリエイトでは、記事の書き方を学ぶべきです。

理由:なぜなら、売れる記事には法則があるから。

具体例:僕もその法則に従い、300記事以上を書くことでアフィリ報酬を生み出しています。

結論:だから、記事の書き方を学ぶことは超重要なわけです。

簡単ですね。

PREP法を記事内で使えば、どんどん文字数は増やせます。

なお、文章力がないことで悩む人には、下記の記事をおすすめします。

本記事と合わせて読めば、「読みやすい文章」が作成できますよ。

>>参考:ブログの文章力がない人でも「読みやすい文章」を書く方法【法則あり】

記事の書き方のまとめ

ということで、一度まとめます。

売れる記事のテンプレート

特に、①〜③までが重要ですね。

というのも、①〜③をきちんと行えば、構成案と本文は自動的に出来上がっていくものなので。

重要:記事の点数を知る方法

書いた記事が、客観的に良質なのかは分かりませんよね。

ですので、記事の点数を知るためにも「検索順位」をチェックしておきましょう。

というのも、「検索順位が上位=読者の悩みを的確に解決している」という示しですので。

さらに言うと、検索順位を測るからこそ「記事の改善点」も分かる・・というわけですね。

なお、検索順位にはツールを使っておくべきですよ。

毎日キーワードを検索して、それをエクセルにまとめる・・なんて作業をしていたら、肝心の執筆作業が進みませんので。

ちなみに、Macなら「RankTracker」、Windowsなら「GRC」がおすすめです。

それぞれのレビュー記事も書いているので、あなたが30記事以上を書いているなら、導入する価値ありです。

Mac向け

【SEO最強ツール】RankTrackerの完全ガイド|料金・使い方
【神SEOツール】 RankTrackerの完全ガイド | 料金・使い方・導入方法

続きを見る

Windows向け

【無料アリ】GRCとは?検索順位を調べないとオワコンです
【無料あり】GRCとは?検索順位を調べないとオワコンです

続きを見る

アフィリエイトはまだまだイケる話

アフィリエイトはまだまだイケる話

「アフィリエイトで稼ぐのはキツイ」みたいな話がありますが、そんなことはありません。

最後に、少しだけ僕の話をさせてください。

大切なのは、毎日取り組むこと

どんな成功者にも、その裏側には「圧倒的な継続」があるはずです。

僕もまだまだ雑魚ですが、毎日更新を180日行うなど、コツコツと取り組んでいます。

そして毎日取り組んでいますと、不思議と数字が、ボコっと伸びる時期が来るんですよね。

なお僕のデータだと、180日の毎日更新でアクセスは3倍、収益は5倍ほどに伸びました。

ですので現状に絶望を覚えつつも、毎日の取り組みが3ヶ月後の自分を救うと信じ、動いてくのが最善だと思います。

1日1点、変化しよう

「今日は〇〇を意識する!」といった思考が付けば、成長スピードはかなり早くなりますよ。

というのも単純計算ですが、1ヶ月の継続で30点もの意識とスキルを上げることができますので。

なので、本記事でお伝えした「記事の書き方」も、明日から1つずつ、意識して取り入れてみてください。

すると、ASPの報酬欄に数字がカチャカチャと毎日刻まれる日が訪れるのも、そう遠くないはずです。

まとめ:アフィリエイト記事の書き方を学んだら、記事を書こう

まとめ:アフィリエイト記事の書き方を学んだら、記事を書こう

ということで、記事を書きましょう。

得た知識は、アウトプットして初めて「自分のスキル」へと変換しますからね。

なお、アフィリエイトで月5万を稼ぐための30ステップ【この1冊ですべて解決】では、記事の書き方以外にも必要な知識をまとめています。

自分に足りない点はどこか・・という視点を持ち読んでいただけたら、きっとアフィリ報酬は伸びるはず。

今できる努力が、1ヶ月後や1年後の自分を楽にするのは、わりと間違いないと思いますよ。

僕も3サイトを運営しつつ、アフィリ報酬をさらに伸ばせるよう、ライティングを積み重ねていきます。

一緒に読まれている記事

【SEO最強ツール】RankTrackerの完全ガイド|料金・使い方
【神SEOツール】 RankTrackerの完全ガイド | 料金・使い方・導入方法

続きを見る

【無料アリ】GRCとは?検索順位を調べないとオワコンです
【無料あり】GRCとは?検索順位を調べないとオワコンです

続きを見る

アフィリエイトで月5万を稼ぐための30ステップ【この1冊ですべて解決】
アフィリエイトで月5万を稼ぐための30ステップ【この1冊ですべて解決】

続きを見る

SEOキーワード選定する方法を5つのステップで解説【サイト設計図】
SEOキーワード選定する方法を5つのステップで解説【サイト設計図】

続きを見る

【SEO】検索意図を理解→記事の9割は完成してます【調べ方も解説】
【SEO】検索意図を理解→記事の9割は完成してます【調べ方も解説】

続きを見る

ブログ記事のリサーチ法を3ステップで解説【上位表示するコツも紹介】
ブログ記事のリサーチ法を3ステップで解説【上位表示するコツも紹介】

続きを見る

-アフィリエイト