ブログ

【2021】ブログは決してオワコンじゃない【理由を知れば月6桁を稼げます】

2021年2月5日

【理由あり】ブログはオワコンではありません【今からでもイケる】

こんにちは。もりさんです。

ブログはオワコンだと書かれているけど実際どうなんだろう・・今からブログを始めるか悩んでいるのでその辺りの詳しい話を知りたい。2021年でもブログで稼ぐことはできますか?

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

もりさん
僕はブログ歴2年と3ヶ月ほど。現在の手持ちサイトは5サイトで「もりさんのブログ」単体では月に数十万円の発生を維持し続けています。

Twitterのフォロワー数は3600人ほど。ブログに関しての質問があればDMでもリプでもお気軽にどうぞ。いつでもお答えします。

結論として、ブログはオワコンではありません。
ブログはオワコンじゃないのにオワコンと言われ続けているのには理由があり、その理由を知らないままブログを書き続けても稼ぐことは難しかったりします。

この記事は、これからブログを始めたいと考えている方や、ブログを始めたばかりの方にこそ読んでほしいです。ブログはオワコンという人を横目に素晴らしいブログを作り上げて半不労所得を目指しましょう。

これからブログに挑戦する方には、必読な内容です。

ブログは決してオワコンじゃない【理由:WEB広告市場は伸び続けているから】

ブログはオワコンではない【データ&理由あり】

ブログがオワコンじゃないと言える理由の1つ目は、WEB広告の市場は毎年110%程度の成長を続けているからです。

インターネット広告の伸び

参考:矢野経済研究所

上記の通りで、インターネット広告市場は2021年以降も伸びています。つまり、新規参入をしてもブログで稼ぐことができます。年々広がっていく市場の枠に入り込むだけですね。

だから、「ブログはオワコンらしいね。やらないでおこうか。」と思ってしまうのはもったいない。

実は金脈が眠っていたりします。

ただ、インターネット広告市場が伸びていることもさながら、ブログがオワコンだと叫ばれている本当の理由は別にあります。

ブログがオワコンと言われる本当の理由【稼げない人が多すぎるから】

ブログがオワコンであると言われる本当の理由は「稼げない人が多すぎるから」です。

当たり前ですが、「稼げない人=多い」というのが「ブログ=オワコンである」という図式を作ってしまっています。

SNSが普及したことで、「SNSを見ればいいから、もうブログを読む人は減るでしょ」という話が出回ったことがオワコン説の1つの理由。

また、Googleのアップデートにより、検索の表示結果が変わることが多く、ブロガーの収益は不安定になりがちになったんですよね。これもオワコン説が出た理由の1つ。

ブロガーが稼げる理由はアフィリエイトの仕組みがあるからです。

アフィリエイトとは?稼ぐためのステップも解説【小学生でも分かる】にて、仕組みを解説しているので参考にどうぞ。

しかしこの2点、見方を変えれば、チャンスでしかないんですよね。

というのも、下記の通りです。

①稼げない人が多い←差別化としてブログを使える

②Googleのアップデートが多い←新規勢が入り込めるチャンスがある

サイコパス的な言い方ですが、「みんなのピンチ」には「チャンス」が転がっています。

①:SNSが普及した←チャンス

Twitterやインスタは、もはや誰もがダウンロードしているアプリですよね。

ということは、SNSを使って発信していけば、ブログの存在を多くの人にアピールすることが可能で、SNSを通したブログ流入を作れます。

興味を持ったアカウントにブログのリンクがあれば、「少し読んでみようかな」となりませんかね。

実際に、僕もTwitter(@money_morisan)を運用しており、毎日100人以上の方が訪れてくれています。

つまり、ブログとTwitterの相性はとても良いわけですね。

運用法のテンプレはある

「Twitterとか、発信すること分からない・・」と悩む人もいるかと思いますが、Twitterの運用法にはテンプレがあります。

僕は顔出しナシで、3600人くらいのフォロワーさんがいます。

SNSも使って、ブログを攻略する。

オワコンと言われてますが、僕はチャンスしか感じない。

②:Googleのアップデートが多い←これもチャンス

Googleがアップデートをしてくれることで、検索上位にいる人が消え、別の新たな記事が上位に表示されます。

シンプルに言えば、「下克上」ができるということです。

つまり、今からブログを始める人にはチャンスしかありませんし、オワコンと考えるのは間違っていますかね。

アップデートには目的がある

Googleがわざわざアップデートをする理由は、Googleが望む記事を上位に表示させようとしているからです。

ですので、Googleが望むことを考え、その通りに記事を作成していけばわりとカンタンに「下克上」ができるんですよね。

先日もアップデートがあった

(上記は、公開している記事が読まれた回数を示したグラフです。)

先日(2020年の12月)にもアップデートがあったのですが、対策をしておけば、上記の通りで表示回数はグンと伸びています。

つまり、しかるべき対策をしておけば、アップデートごとに伸びるという感じですね。

でも、対策は面倒だったりするので、こまめじゃない人はブログに向いていないかもです。

しかし逆に言えば、こまめな人・もしくはブログをガチると心に決めた人はやるべき。ロジックさえつかめば、ブログ収入も作れますよ。

Googleの理念を考え、対策すれば、イケます。

オワコンじゃないブログで本気で稼ぐためには【Googleアドセンスは使うな】

オワコンと叫ばれるブログ界で稼ぐための方法

ブログはオワコンではないですが、「稼ぎ方」を教えてくれるブログは少ないです。(残念)

下記の3ステップを参考にしてもらえれば、このオワコンと叫ばれるブログ界でもお金を生み出していくことは可能です。

①参考にするモデルを決める
②情報はすべて信じず、とことん調べる
③稼ぐぞ。と覚悟を決める

特に③が重要ですかね。

①:参考にするモデルを決める

参考にするブロガーを決めれば、何をすべきか・・など具体的な点が見えてきます。

例えば以下のような点。

記事の書き方
収益導線の作り方
TOPページの構成

他にもありますが、盗めるところはすべて盗んでいこうという形ですかね。

まずはパクろう

パクリ=文章のコピペではありません。

稼げるブログの「型」をパクる・・ということです。

稼いでいるブロガーさんは、みんなオリジナリティがあるように見えますが、やはり基本の型は同じです。

僕は、「自己流=事故流」と肌で感じており、初心者がいきなりオリジナリティを出そうとしても、事故って萎えるだけですよ。

まずは、「この人を参考にしよう」と思える人を見つけ、型をパクっていきましょう。

②:情報はすべて信じず、とことん調べる

聞いた情報を鵜呑みにしてはいけません。

というのも、世の中に出回っている情報は、わりと当てにならないことが多いから。

僕も昔は情弱だったので、間違った情報(例えば〇〇をすれば簡単にアクセスが伸びるみたいな情報)を信じ込み、いっさい結果を出せず心が折れがちでした・・笑

ですので、情報を見るときは、以下の3つに気を付けるべき。

・誰が言っているか
・根拠はあるのか
・データはあるか

上記の3つを気にせずに情報を集めても、勉強した気になるだけです。

そしてブログでまったく結果は出ず、「ブログってやっぱオワコンじゃん」と思うことになるかもしれません・・。

情報の精度が高いサイト

上記の3サイトは、ブログの本質を突いた情報がそろっているので、勉強にはおすすめです。

とはいえ、ブログを持っていない人が読んでも分からない部分が多いと思うので、まずはブログを開設してみるべき

③:稼ぐぞ。と覚悟を決める

片手間に取り組んで稼げるようなモノじゃないので、「ブログで稼ぐぞ」とわりと強い意志を持つことが大切だと思います。

「ブログはオワコンだ!」と叫んでいる人ほど、片手間で稼げると思い込んでた人が多いイメージですね・・

はっきり言って、ブログで稼ぐことはハードです。だから、覚悟を持つことが重要だと思う。

とはいえ、ブログは不労所得も目指せる稼ぎ方なので、やはり夢があるし、取り組む価値も充分にありますね。

ここで、僕の好きな孫正義さんの「志高く」で書かれていた言葉を貼っておきます。

ブログオワコン説に関するよくある質問

ブログオワコン説に関するよくある質問

最後に、ブログオワコン説に関する「よくある質問」をまとめました。

よくある質問

①動画の時代になったらしいけどブログは読まれるの?
②オワコンじゃなくても、稼げてる人は少ないよね?
③特定のスキルがなくてもできるの?

質問①:動画の時代になったらしいけどブログは読まれるの?

結論から言うと、ブログは読まれます。

というのも、YouTubeで答えを探すよりテキストの方がコスパは良いですし、文字を好む人は僕含めて多いですからね。

また、Uber Suggestキーワードプランナーといったツールで、検索量のデータが見られるのですが、テキストを求めている人は多いですよ。

質問②:オワコンじゃなくても、稼げてる人は少ないよね?

ブログがオワコンではない理由を示す画像:アフィリエイト収益の比率

参考:アフィリエイトマーケティング協会

上記は、1ヶ月でどれくらいのブログ収益を出しているかを調査したグラフです。

30%ほどの人が月に5万以上を稼いでいることが分かりますが、70%くらいはあまり稼げていないというのが現状ですね。

キツい言い方ですが、下調べの作業をあまりしていなかったり、ブログに対しての覚悟がない人が稼げていないイメージです。

しかし、全体の10%ほどは1ヶ月に50万以上を出しており、「やることさえやれば稼げる」というのがブログの世界ですかね。

ですので、先ほども書いたとおり、覚悟さえ持てば、イケます。

月5万生み出すだけでも、1年で60万です。人生の幅は確実に広がりますね。

質問③:特定のスキルがなくてもできるの?

結論からして、できます。

というより、スキルはブログを継続していくことで付いてくるというイメージですかね。

例えるなら、野球経験が0の人でも、練習していけば上達するよね・・という感じ。

資格とか特別なスキルがなくても始められるのが、ブログの強みだと思いますよ。

まずは始めてみるべき。

そうすれば、見える景色が変わってきます。

なお、ブログで稼ぎたいなら「はてなブログ」などの無料ブログはおすすめしません。

【悲報】無料ブログでは稼げない3つの理由【稼ぐ秘訣もお話します】に理由を書きましたが、カンタンに言うと収益化に向いてないから。

始めるならWordpress一択ですよ。

稼いでいるブロガーは、ほぼみんなWordpressを使っていますので。

【理由あり】ブログはオワコンではありません【今からでもイケる】:まとめ

【理由あり】ブログはオワコンではありません【今からでもイケる】:まとめ

今回は「ブログはオワコンではない」ということについてお話ししてきました。

ひと言でまとめますと、ブログは”やることさえやれば”稼げます。

ただ、片手間で稼げると思い込んでいる人が多いから、ブログはオワコンだ・・みたいなイメージがついてしまっている形ですかね。

ハードな稼ぎ方ですが、やる価値は充分にありますよ。

この記事を読んで「ブログを始めてみよう!」と思ってもらえたのならうれしい限りです。

それでは、良いブログライフを!

ブログ収入の豆知識:初心者向け

 

-ブログ