ブログ収入を作る方法

【2021】ブログがオワコンじゃない理由とは【月6桁は稼げる話】

2021年2月5日

【2021】ブログは決してオワコンじゃない【理由を知れば月6桁を稼げます】

こんにちは、もりさんです。

ブログはオワコンだと書かれているけど実際どうなんだろう・・今からブログを始めるか悩んでいるのでその辺りの詳しい話を知りたい。2021年でもブログで稼ぐことはできますか?

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

もりさん
僕はブログ歴2年と3ヶ月ほど。現在の手持ちサイトは5サイトで「もりさんのブログ」単体では月に数十万円の発生を維持し続けています。

Twitterのフォロワー数は3600人ほど。ブログに関しての質問があればDMでもリプでもお気軽にどうぞ。いつでもお答えします。

結論として、ブログはオワコンではありません。

しかしブログやアフィリエイトはオワコンだと言われており、それにはある背景があります。

この記事は、これからブログを始めたいと考えている方や、ブログを始めたばかりの方にこそ読んでほしいです。ブログはオワコンという人を横目に素晴らしいブログを作り上げて半不労所得を目指しましょう。

これからブログに挑戦する方には、必読な内容です。

ブログは決してオワコンじゃない【理由:WEB広告市場は伸び続けているから】

ブログはオワコンではない【データ&理由あり】

ブログがオワコンじゃないと言える理由は、WEB広告の市場が毎年110%程度の成長を続けているからです。

インターネット広告の伸び

引用:矢野経済研究所

上記の通りで、インターネット広告市場は2021年以降も伸びています。つまり、新規参入をしてもブログで稼ぐことができます。年々広がっていく市場の枠に入り込むだけですね。

ブログはWeb市場の広告収入によって成り立っています。
つまりWeb広告の市場が伸びるほど、稼げる金額の総額は増える・・というロジックです。

ですのでこういった背景を知らずに、「ブログはオワコンらしいね、やらないでおこうか」と思うのはもったいないですよ。
実は金脈が眠っていたりします。

ブログアフィリエイトがオワコンと言われる本当の理由

ブログがオワコンと言われる本当の理由

ではオワコンではないのになぜ、ブログアフィリはオワコンと言われるのでしょうか。
その理由は、下記2つの要因から来ています。

オワコンと言われる理由

・参入者が増えたから
・稼げない人が増えたから

理由①:参入者が増えたから

先ほども話した通り、ブログはまだまだ稼げます。
となると当然ですが、ブログを始める人は増えますよね。

実際、ブログ(アフィリエイト)を始める人が増えたデータも出ています。

ブログ参入者の推移
※黄色線が参入者の推移

引用:ファンコミュニケーションズ 決算資料

一般的にライバルが増えると、あまりいい気はしないですよね。
受験や就活の倍率と同じように、参入者が増えたことで稼ぎづらくなったのでは・・という考えが出始めたため、オワコン説が話題になりました。

でもですよ、Web広告の市場に流通する総額はおよそ2兆3000億円です。
この流通額が100万円とかだったら月1万円を稼ぐことも大変ですが、、

2兆3000億円も流通している内の、10万円くらいならGETできそうじゃないですか?
僕はその考えでブログを始め、ブログ収益によって生計を立てることができました。

「競合(ライバル)」が増えたからブログはオワコンだ!」という意見が多いのですが、見方を変えるとそんな辛い世界ではありません。

理由②:収益化できない人が増えたから

参入者が増えたことで、やはり稼げない人は以前よりも増えました。
これは仕方ありません。

そして「ブログアフィリは稼げない・・」といった発信が増えたため、オワコンという印象が根付いたと雰囲気があります。

しかし先ほども書きましたが、個人でも稼げる余地はまだまだあるんですよ。

その証拠に、Twitterで「#初報酬」と検索してみてください。

非常に多くの方がブログで収益を上げていますし、オワコンという意見は嘘ではないけど、そこまで気にする話ではないことに気づくと思います。
>> Twitterで「#初報酬」を見てみる

ネガティブな意見は拡散されやすい話

ブログはオワコンじゃないという意見は僕含めて多くの方が話していますが、SNS上で「もう稼げん」「ブログはオワコンwww」みたいなコメントがあることも事実です。

しかしこういったコメントは過剰に拡散される傾向があり、誤解を与えるケースが多いです。プロセスはこんな感じ。

オワコンじゃん・・という意見が出ると、
→稼げない人が共感して拡散する
→ブログは稼げないと断言し始める
→まだ始めていない人にもその声が届く

言葉を選ばずに書くなら、、日本特有の挑戦者をこき下ろす風習でしょうか。「やっても意味ないぜww」「もう無理だからやめとけよ」みたいな。

しかし繰り返しますが、この今におけるタイミングにもブログで稼ぐ人は出てきています。
もちろん簡単だとは言いませんが、そこまで敏感になる必要はないはずです。

ブログは今からでも稼げるし、オワコン論争は不毛な話

ブログは今からでも稼げるし、オワコン論争は不毛な話

個人的に、オワコン論争はもう不毛の塊だと考えています。

ブログオワコン説に関しては2016年ごろから出ていますし、ぶっちゃけ言うと毎年言われている話題です。

上記は、ブログで億を稼いだマナブさんのツイートです。
ツイートのとおり、今でも個人が10万単位のお金を生み出すことはできます。

ほかにも稼いでる方は多く、たとえば上記はママさんブロガーとして活躍している方のツイートです。

こういった、ポジティブな情報を見てどう受け取るかは人によりますが、仮にブログがオワコンならこんな報告ツイートは出てこないはずですよね。

1年目のブログ収益は210万円ほどでした

そんな僕は、1年で「210万円」ほど稼げました。

当ブログのデータも使いながら、どんな形で収入が推移しているかも書いておきます。

ブログ収入と時間軸について

上記は、当ブログのアクセス数などを示したグラフです。

そして最初の8ヶ月ほどは低空飛行で、そこからニョキっと伸びていることが分かると思います。
これに伴い、僕のブログ収入もニョキっと伸びました。

さて、ここで僕が言いたいのは「最初は稼げない時期がある」ということです。
多くの人はこの伸びない壁にぶち当たり、辞めていきます。そして「ブログはやっぱオワコンだな」という考えにいたっていくわけです。

あまりこういう話は出ないので、「ブログを始めた1ヶ月後には1〜2万稼げるかも!」とみなさん思いがちなんですよね。
しかしさすがに、そこまで甘くはありません・・。

とはいえ1年くらいのスパンを見越してコツコツ努力すれば、月に10万単位の収入をGETすることは可能です。
いまの収入に+10万もあれば、きっと抱えるストレスは減りますし、試す価値は十分にあるはずですよ。

ブログの強みを侮ってはいけない

ここまでお金に焦点を当ててきましたが、ブログの強みはお金だけではありません。

ブログの強みは個人で完結すること

おそらくブログを始めるか迷っている人って、副業的な新しい収入源を作りたい方だと想定しています。
するとブログのほかに、「プログラミング」や「動画編集」が稼ぎやすい・・的な話を目にしたこともあるはずです。

しかし両者は「案件を受注して稼ぐ」というスタイルのため、「営業活動」が必須になります。

となるとですよ、プログラミング等は技術的スキルを身につけるのにも時間がかかるのに、プラスで鬼の営業をする必要が出てきます。
すでにスキルがあるのなら別ですが、ちょっとハードルが高くないですかね・・?

しかしブログは、「記事を書いてアップするだけ」です。
営業をする必要もありませんし、家で1人で完結します。

最近は、「ブログは稼げないからスクールでプログラミングを学ぼう!」みたいに誘導する方も増えていますが、、なんだか、ブログの強みを無視しすぎじゃない・・?と感じることが多々あります。

まぁ上の話はさておき、ブログは文章さえ書ければ始められるわけですから、僕のように特定のスキルがない人に本当におすすめできます。

もりさん
ちなみに、ブログで身に付くスキルはライティング力だけではありません!

実はWeb業界の根本的スキル(マーケティング等)を総合的に学べるスペックも持ち合わせています。

この辺りは、【ヤバい】ブログを始めるメリットを考えてみた【デメリットも書く】 にもまとめましたので、ブログのさらなる可能性を知っておきたい方は1度目を通してみてください!

注意:書くジャンルだけは考えよう

さて、ここまでブログはヤバいよねという話をしてきましたが、ブログで稼ぐ上で気をつけておくべきことがあります。

結論から言うと、書くジャンルだけは考えておきましょう。

稼げないジャンルは存在する

基本的にはどんなジャンルの内容を書いても、10万くらいは稼げます。

しかし「YMYL(Your Money Your Life)」と呼ばれる人の生活に関わる「健康や医療、および金融関係」のジャンルは避けておく必要があります。

というのも検索順位を決めているGoogleは、「このジャンルは信頼性や権威性があるブログを積極的に表示する」と明言しており、企業や政府のサイトしか検索の上位に表示してくれない傾向があるのです。

補足:ブログで稼ぐためには、Google等の検索画面からアクセスを集める必要があります。なので検索画面に表示されづらい=稼ぎづらいとなるわけです。

この辺りは具体的なノウハウ論になりますので、ブログ収益化は難しい?知らないとマズイ3つの知識を解説【収益も公開】にまとめておきました。

ブログで稼ぐ上では必須な知識ですので、こちらも参考にしてください。

ブログオワコン説に関するよくある質問

ブログオワコン説に関するよくある質問

最後に、ブログオワコン説に関する「よくある質問」をまとめました。

よくある質問

①動画の時代になったらしいけどブログは読まれるの?
②オワコンじゃなくても、稼げてる人は少ないよね?
③特定のスキルがなくてもできるの?

質問①:動画の時代になったらしいけどブログは読まれるの?

結論から言うと、ブログは読まれます。

というのも、YouTubeで答えを探すよりテキストの方がコスパは良いですし、文字を好む人は僕含めて多いですからね。

また、Uber Suggestキーワードプランナーといったツールで、検索量のデータが見られるのですが、テキストを求めている人は多いですよ。

質問②:オワコンじゃなくても、稼げてる人は少ないよね?

ブログがオワコンではない理由を示す画像:アフィリエイト収益の比率

参考:アフィリエイトマーケティング協会

上記は、1ヶ月でどれくらいのブログ収益を出しているかを調査したグラフです。

30%ほどの人が月に5万以上を稼いでいることが分かりますが、70%くらいはあまり稼げていないというのが現状ですね。

キツい言い方ですが、下調べの作業をあまりしていなかったり、ブログに対しての覚悟がない人が稼げていないイメージです。

しかし、全体の10%ほどは1ヶ月に50万以上を出しており、「やることさえやれば稼げる」というのがブログの世界ですかね。

ですので、先ほども書いたとおり、覚悟さえ持てば、イケます。

月5万生み出すだけでも、1年で60万です。人生の幅は確実に広がりますね。

質問③:特定のスキルがなくてもできるの?

結論からして、できます。

というより、スキルはブログを継続していくことで付いてくるというイメージですかね。

例えるなら、野球経験が0の人でも、練習していけば上達するよね・・という感じ。

資格とか特別なスキルがなくても始められるのが、ブログの強みだと思いますよ。

まずは始めてみるべき。

そうすれば、見える景色が変わってきます。

なお、ブログで稼ぎたいなら「はてなブログ」などの無料ブログはおすすめしません。始めるならWordpress一択ですよ。

稼いでいるブロガーは、ほぼみんなWordpressを使っていますので。

【理由あり】ブログはオワコンではありません【今からでもイケる】:まとめ

【理由あり】ブログはオワコンではありません【今からでもイケる】:まとめ

今回は「ブログはオワコンではない」ということについてお話ししてきました。

ひと言でまとめますと、ブログは”やることさえやれば”稼げます。

ただ、片手間で稼げると思い込んでいる人が多いから、ブログはオワコンだ・・みたいなイメージがついてしまっている形ですかね。

なので、ブログに興味を持っているなら始めて見るべきですよ!
稼いでいる人は稼いでいますし、とりあえず体験してみることが何よりの解決策になるでしょう。

また下記の気になる記事も合わせてどうぞ。
ブログ収入のノウハウがより身に付きます。

ブログ収入の豆知識:初心者向け

 

-ブログ収入を作る方法