ブログ収入を伸ばす方法

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪い【解決策アリ】

2021年1月10日

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪い【解決策アリ】

こんにちは。もりさんです。

使っていない商品ってアフィリエイトしてもいいのかな?アフィリエイト初心者なんだけど、使っていない商品をアフィリした方が売り上げは出やすいですかね?

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

もりさん
僕はブログ歴1年10ヶ月ほど。アフィリエイトで稼いでいます。

Twitterのフォロワー数は3600人くらい。

使っていない商品ってそもそもアフィリエイトしてもいいのかな?って悩むことはあるかと思います。

結論から言うと、使っていない商品をアフィリエイトすることはOKですし売れます。

とはいえ、初心者の方には注意しておきたい点や、売り上げを上げるために知っておかないと損な話もあるので、まとめていきますね。

使っていない商品をアフィリエイトすることはOK【でもむずかしい】

使っていない商品をアフィリエイトすることはOK【でもむずかしい】

結論として、使っていない商品をアフィリエイトすることはOKです。

というのも、自分が購入していない商品をアフィリエイトすることは悪いことじゃないから。

使っていない商品をアフィリエイトすることはダメ!は勘違いである話

たまに、使っていない商品をアフィリエイトするのは良くないんじゃないですか?と聞かれますが、それは勘違いです。

というのも僕らアフィリエイターは、読者にとって有益である商品やサービスを記事にしてまとめることが役割であり、使っているかどうかは本質的な部分じゃないからです。

もちろん使っていない商品に対して、「使い心地が最高でした!」みたいなウソを書いちゃうと問題ですが、商品をきっちりとリサーチすれば問題はありません。

ですので、使っていない商品をアフィリエイトしてもいいのかな・・?と、悩む必要はナシです。

しかし初心者にはむずかしい

使っていない商品をアフィリエイトするのはOKなんですが、初心者にはむずかしいと思います。

なぜなら、「セールスライティング」ができないから。

セールスライティングとは「売るための文章」

名前だけを見ると胡散臭そうですが、セールスライティングは立派な文章テクニックです。

使っていない商品を売るにはセールスライティング力が必要で、初心者にとってはこのスキルがないからむずかしいんですよね。

とはいえ、学べば身につくものですので、落ち込むことはないですよ。

なお、下記2冊を読んでもらえれば、セールスライティング力は身につきます。

人を操る禁断の文章術は、心理学を学んでることで有名なメンタリストDaiGoが書いた本です。

文章に心理学の知識を使えば、聞こえは悪いですが人を操れます。

この本は、アフィリエイターなら全員読んでいるレベルの本ですので必読です。

10倍売る人の文章術は名前が胡散臭いですが、書いてある内容はホンモノです。

”滑り台効果”あたりの知識を学べば、読者が途中で読むのをやめずにあなたの文章に食いついてくれるライティングを身につけられますよ。

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪いです【初心者に告ぐ】

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪いです【初心者に告ぐ】

使っていない商品を売るにはセールスライティング力が必要であり、身につけるには時間がかかります。

つまり、いきなりアフィリエイト初心者が使っていない商品を売ろうとしても、売れないのが現実であり効率は悪いんです。

補足をすると、セールスライティングとは「人の心を動かす」文章テクニックのことです。

たとえば以下は、Appleが販売するApple watchの宣伝文章。

apple watchの画像

たったひと言ですが、心を動かされた人は多いはず。

当たり前ですが、こんな文章テクニックを初心者の方は持っていませんよね。

それなら、使ったことのある商品をアフィリエイトした方が間違いなく稼げますよ。

なぜなら、体験談は人の心を動かせる材料の1つだから。

体験談はあなたにしか書けない文章→つまり売れる

同じ商品を使ったとしても、あなたが感じたことを表現できるのはあなたしかいないのは事実。

レビュー系の記事でアフィリエイト成約が多い理由は、体験したことをそのままリアルな言葉に表すことができ、購入を考えている人にとってより商品の想像がしやすいからです。

何かネットで買うときは、口コミが気になりませんか?

僕たちは商品説明だけじゃなくて、「リアルな声」もほしいからわざわざレビュー記事なんかを読むんです。

ですので、初心者がいきなり使っていない商品をアフィリエイトするよりも、使ったことのある商品をアフィリエイトしたほうが確実に売り上げは出ますよ。

まぁセールスライティングを身につければ、使っていない商品でもちゃんと売れます。

セールスライティングおそるべしですね。笑

使っていない商品は「売る感覚」を身につけてから挑戦しよう

使っていない商品は「売る感覚」を身につけてから挑戦しよう

やはりまずは、使ったことのある商品のレビュー記事などを書いて、「売る感覚」を身につけていきましょう。

たしかに使っていない商品も売りたい気持ちは分かりますが、実は遠回りなんですよね。

急がば回れというように、まずは使ったことのある商品をアフィリエイトして、「売る感覚」を身につけていくべきです。

売る感覚を身につけられたら、どんな言葉に人は惹きつけられるのかみたいな部分が体感で分かってきます。

そして経験を積んだら、使っていない商品もアフィリエイトをしていき、売り上げもグンと伸ばしていくイメージ。

【注意】アクセス数にも目を向けよう

そもそもですが、月間のアクセス数はどのくらいあるでしょうか?

月に1万PVほどもないのなら、アクセス数を増やすという視点も持っておくべきです。

理由はカンタンで、読む人が多ければ売り上げも自動で伸びるから。

たとえば、月100人訪れるブログと月10000人訪れるブログでは、同じ記事を書いたとしても、単純計算ですが売り上げは100倍変わります。

アフィリエイトの売り上げを上げたい人は、このあたりの意識も持っておかないと売り上げは伸びていきません。

じゃあアクセスアップするには?→SEO対策です

SEO対策をしていけば、検索されたときに上位表示できるようになるので、アクセスは増えていきます。

1つずつこなしていくのが1番の近道です

まとめますと、使っていない商品をアフィリエイトするのは初心者にとってむずかしいことです。

ですのでまずは、使ったことのある商品をアフィリエイトして売る感覚を身につけていきましょう。

そして、同時並行でセールスライティングも学び、人の心を動かせるライティングを身につけていくのみです。

ここまで来れば、使っていない商品もさくさくとアフィリエイトできるはず。

なお、記事のはじめに話した通り、使っていない商品を売ることは悪ではないのでむねを張ってアフィリエイトしていきましょ!

セールスライティングは必ず学んでおこう

再度書きますが、セールスライティングは必ず学んでおくべきです。

僕は昔に書いたある記事を、セールスライティングの知識をいかしてリライトしたところ、売り上げは3倍に伸びました。

早く学んで損はないので、レビュー記事などを書きつつも勉強していくことを強くおすすめしておきます。

機会損失してはモッタイナイので、サクッと学んでいくのが吉ですね。

なお、セールスライティングを学ぶなら下記の2冊でOKです。

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪い【解決策アリ】:まとめ

使っていない商品をアフィリエイトするのは効率が悪い【解決策アリ】:まとめ

今回は以上です。

使っていない商品をアフィリエイトするのは、どちらかと言えば上級者向けですので、まずは使ったことのある商品をコツコツとアフィリエイトしていきましょう。

ネットでモノを売るコツは、どんな言葉、文章で人が動くのかを知ることです。

体験談は人を動かせる大きな材料ですので、まずはレビュー記事を1記事でも書いていき、アフィリエイトの世界を体感してみてください。

なおセールスライティングには、人を動かせる知識が詰まっているチート的な文章です。

アフィリエイトには必須なスキルですので、こちらも同時並行で学んでいくと、最短で収益を生み出していけますよ。

僕もいろんな本をポチポチして学んできました。セールスライティングは偉大ですね。

それでは良いアフィリエイトライフを!

セールスライティングを学べる本

誰も言わない ブログで稼ぐノウハウ集

 

-ブログ収入を伸ばす方法