働くを考える

働きたくない方へ1つ。就活は不要だという事実。【自分探しが優先】

2020年8月1日

働きたくない方へ1つ。就活は不要だという事実。【自分探しが優先】

こんにちは。もりさんです。

この記事では

就活したくない人

「働きたくないよお。。就活ってだるそうだしなあ、、でもこの先がなんとなく不安だ、、この先どうしたらいいんだよお。。」

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

僕は現在21歳の大学生。

就活もしたくないし、働きたくないのでネットを使って自分で稼いでいます。

働きたくない感情は当たり前のものなのに、「くるしい・・」と悩んでいる人のキッカケになれば幸いです。

就活したくない、働きたくないなら自分探しをするべき

就活したくない、働きたくないなら自分探しをするべき

就活したくない人、働きたくない人は「自分探し」をしましょう。

就活したくない、働きたくないと思う理由って自分のやりたいことが明確に分かってないからです。

自分の目標があれば、やるべきことも分かるので「働きたくないなあ、、就活したくないなぁ」とはならないはず。

僕も働きたくないタイプの人間でした

僕ももともとは働きたくないタイプの人間で、毎日家でゴロゴロするかゲームするかの生活でした。

大学に入っても夢中になれる趣味は無かったので、友達と飲んだり遊んだり、そこそこ楽しかったからそれでOKかなと思っていました。

しかし先輩を見ていると、就活で忙しそうだし、何より辛そうでした。

僕の中では「就活=辛い、楽しくない」と感じましたね。

しかし楽しそうな人もいた

そんな就活ですが、楽しそうにしている先輩もちょこちょこいました。

何で、就活が楽しそうなんだろと思ってみていましたが、彼らの共通点は「やりたいこと」が明確に決まっていたことでした。

やりたいことがはっきりと決まっている人は、自分の目標をかなえられる企業を探すわけですから楽しいですよね。

こんな人達をみて僕もやりたいことを見つける必要があると感じました。

もっと言えば就活しない人もいた

更に言うと、就活をしない先輩たちもいました。

就活をしないと言うと、だらけた人間みたいな印象がつくかもですが、彼らは社畜のように働きたくないという理由から「自分で稼ぐ」ことを選んでいました。

中には、卒業後、写真撮影系で起業している人もいました。

やりたいことが分かれば就活も実はいりません

言ってしまいますが、やりたいこと、目標が見つかれば、就活すること自体必要ではないこともあります。

世の中は、「大学の次は就活。」という流れがありますが、あんなのは社会の作った都合の良いただのレールです。

僕のやりたいことは、極端ですが「お金を稼ぐ」ことでした。

結果的には、僕は現在月ほどをネットを使って稼いでいます。

僕がどのように稼いでいるかなどの詳しい話はネットビジネスを2年続けた末路。月収100万はイケます。でお話ししています。

僕の目標はお金を稼ぐことでしたので、別に会社に入る必要もありませんでした。

だから就活もしませんし、何なら、僕は働きたくないマンですのでこの先も自分の力で稼いでいきます。

やはり、自分のやりたいことが分かると、その目標に向かって進むだけですのでムダに悩むことは無くなります。

目標さえ決まってしまえば、意外と就活に対しての悩みも、また働きたくないというネガティブな気持ちさえ無くなることも多いですね。

僕の場合は、就活もイヤ、働きたくないが主にあり、それを元に、自分のやりたいこと、目標を探しました。

ですので、就活がイヤという人は、自分が何をしたいのかという自分探しをすることがオススメです。

就活したくない、働きたくない人にオススメな自分探し

就活したくない、働きたくない人にオススメな自分探し

僕は、自分のやりたいことがはっきりと分かってから、就活や働くことについての見方が変わりました。

具体的には、「少ない時間でお金を稼いで、遊びたい」こんな感じでした。

ここで僕が行った自分探しの方法を以下の2つから紹介します。

・大量の本を読んでみる
・自分の力で稼いでみる

大量の本を読んでみる

大量の本を読むことは自分探しをするためにオススメです。

特に、人の人生観や生き様を書いたような本がオススメですね。

就活に対して悩んだり、働きたくないと思っている人のほとんどは抽象的ですが、世界の大きさを知らないはずです。

先日読んだ本では、日本人のJKがフィリピンで会社経営しているという内容のモノでした。シンプルにヤバいですよね。

僕が高校生だった頃は、友達とカラオケ行くか、部活しているような生活でした。

ほとんどの人が「井の中のかわず」です

世の中にはいわゆるバケモノみたいな人はたくさんいます。

同じ大学生でも、会社を作って月1,000万稼いでる人もいるし、野宿しながら世界を旅してる大学生もいます。

本はそうしたバケモノみたいな人のことを知れます。

そうすると「あれ、自分って雑魚すぎない??」って気づくんですよね。

僕も本を読みまくったことで自分のちっぽけさを感じましたし、毎日適当に生きていることが本当にもったいないと感じました。

僕は数々の本のおかげで、考え方が変わりました。

そして就活や働くことについてもかなり真剣に考えれるようになれましたね。

ですので大量の本を読んでみることは、就活したくない、働きたくないと思う人にオススメです。

価値観がぶっ壊れることも多いですよ。

自分の力で稼いでみる

自分の力で稼いでみることは就活したくない人、働きたくない人にオススメです。

そもそも就活をしなければいけない理由は「お金を稼ぐ」ことですよね。

だったら、自分でお金を稼ぐ経験をして損することはありません。

更に言えば、自分でお金を稼ぐことによって自分が興味を持てる分野というのも見えてきますからね。

お金を稼ぐことで社会に興味を持ちました。

元々、僕も就活などしたくない、働きたくないという人間でしたが、今は変わりました。

現在は、ブログ運用やTwitterでの情報発信で稼いでおり、マーケティングや経営についてとても興味を持っています。

ここまで興味を持てるようになったのもお金を稼ぐという経験をしたからです。

お金を稼ぐ経験は魅力しかありません

正直言って、自分でお金を稼ぐという経験は就活を控える人にとってかなり魅力的な体験ですよ。

お金は稼げますし、自分にとって意外なモノに興味を持てるチャンスがあります。

実は僕は理系なのですが、もう全く理系のジャンルには興味がありません。

人間の考え方なんてすぐに変わるモノです。

理系だから理系の道、文系だから文系の道に進む必要もありませんからね。

そんな気づきを得れたのも、ネットでお金を稼いだ経験がきっかけでした。

働きたくないなら就活は不要です

働きたくないなら就活は不要です

どうしても働きたくないという人は、就活をする必要はありません。

現代は個人でも非常に稼ぎやすい環境になりました。僕のような大学生でも月にほど稼げているくらいです。

ムリに就活を頑張り働いたとしても、目標が無ければ、ストレスで消耗するだけですよ。

おそらくそんな先輩を少なくとも1人は見たことがあるはずです。

しかし、稼ぐための努力は必要

しかし、就活をしないとなった場合、稼ぐために努力は必要です。

働きたくないからと、何もしないのはただのニートですからね。

大学生は「卒業」がタイムリミット

自分の力で稼ぐためには努力が必要です。

ネットで2年ほど稼ぎ続けている僕から見ると、大学生は正直数ヶ月の時間を使えば自分の力でも稼げるようになりますよ。意外にかんたんな世界だったりします。

しかし、タイムリミットは卒業の時期。

卒業の時期までに、月数十万くらいの稼ぎが無ければ確実に焦りますよ。

人間、焦りが出ると何もうまくいかないようになります。

その結果、稼ぐことに時間を上手く使えなかったりして、急いで就職をする羽目になることもあります。

そんな知り合いを何人も見てきました。

ですので、就活したくない、働きたくないと強く思うなら、今すぐに個人で稼ぐ勉強を始めた方が良いですよ。

タイムリミットはこくこくと近づいています。

僕が行うネットでの稼ぎ方はネットビジネスを2年続けた末路。月収100万はイケます。で詳しく解説しています。

僕は就活、就職する予定はありません

そもそも僕がネットで稼ぐことを決めた理由は、満員電車で通勤したり、深夜まで残業をするようなサラリーマン生活を送りたくなかったからです。

ですので、卒業のタイムリミットまでに稼ぐことが出来るよう、毎日稼ぐための勉強などをしていました。

1日で多いときは10時間くらいネットとにらめっこする生活です。

自分の力で稼ぎたいなら今すぐ動くべし

何度も言っていますが、自分の力で稼げるようになり、イヤな就活やサラリーマン生活を避けるためには今すぐ動くべきですよ。

厳しい話ですが、ダラダラしていると、卒業の時期となり、無理やり就職しないといけないはめになります。

2年以上、ネットで稼いでいるのでよく分かるのですが、「動いたモノ勝ち」です。

就活をしないのであれば、確実に稼ぐ力は必要です。

動いたモノ勝ちです。

働きたくない方へ1つ。就活は不要だという事実。【自分探しが優先】:まとめ

働きたくない方へ1つ。就活は不要だという事実。【自分探しが優先】:まとめ

就活は働きたくないのにやっても辛いだけです。

自分探しのために本を読んだり稼いでみることで自分の興味があることなど分かってきます。

その結果、働きたくないのなら、今から自分で稼いでいく力を身につけるのみです。

-働くを考える