Twitter

Twitterのシャドウバンとは?その症状と解除方法を徹底解説!

Twitterのシャドウバンとは?その症状と解除方法を徹底解説!

 

こんにちは、もりさんです。

 

 

「Twitterでフォロワーさんを集めたい・・・。」

「Twitterでたくさん集客したい・・。」

 

 

どんな目的であれ、Twitterで

影響力をつけたい方は多くいると思います。

 

 

ツイッターでフォロワーを増やす簡単な方法【基礎〜応用まで】

 

 

 

そんな時に当の本人がまったく気付かぬまま

BANされるという現象があります。

 

 

それが

シャドウバン(ShadowBan)です。

 

 

今回はそんな

シャドウバンについてその症状とともに

徹底解説したいと思います。

 

 

そもそもバン(Ban)とは?

そもそもバン(Ban)とは?

 

 

BANとは、英語で禁止という意味です。

TwitterでのBANとはいわゆる凍結という現象のこと。

 

 

普通にBANされてしまっては、

フォローもツイートもタイムラインを見ることも不可能になります。

 

 

それが凍結といわれるものです。

 

 

特に重大な規約違反があった場合は即バンされることが多いです。

 

 

しかし、実はこういったあからさまなバンではなく

本人が気づかぬうちにバンされている現象があるんです。

 

Twitterのシャドウバン(ShadowBan)とは?

シャドウバン(ShadowBan)とは?

 

 

シャドウバンとは

本人が気づかない間にアカウントにさまざまなペナルティ(罰)が課せられている状態です。

 

 

「なんかフォロワーの伸びが悪いな・・」

「なんかいいねの数が少ないな・・」

 

 

程度のものでしか気付くことができません。

 

 

そもそもシャドウバンの存在すら知らないまま

Twitterを続けてしまっている人もいるくらいです。

 

 

Twitterがシャドウバンされているか調べるツールはこれだ!

 

ではそんなシャドウバンは

どうやって見つければいいのでしょうか??

 

 

安心してください。

シャドウバンをしっかり調査してくれるサイトがあります。

 

 

それがこちら(クリックでサイトに飛べます)

 

 

 

ここに自分のTwitterのID(@から始まる文字列)を

入力するだけで、すぐに調べることができます。

 

 

 

Twitterのシャドウバン(ShadowBan)の4つの症状

シャドウバンの4つの症状

 

 

シャドウバンには4つの種類があります。

 

 

・Search Suggestion Ban

・Search ban

・Ghost ban

・Reply deboosting

 

 

 

の4つです。

それぞれその症状を解説していきます。

 

正しくIDが入力できている

 

 

ちなみに@〜〜(ID名) exists.

となっていれば、

IDが正しく入力されているということ。

 

Search Suggestion Ban とは?

 

Search Suggestion Ban とは?

 

ここの欄が赤色で注意マークが出ていると

Search Suggestion Banにかかっています。

ということです。

 

 

ログインしていないユーザーが

Twitterで検索をかけた時の表示優先度が落ちる

というもの。

 

 

ブラウザからの閲覧者などの

検索にかかりづらくなる程度なので

基本的に軽めの罰だと考えてもらってOKです。

 

Search banとは?

Search banとは?

 

ここの欄が赤色で注意マークが出ていると

Search Banにかかっています。

ということです。

 

 

これはTwitterの中で検索をかけても

検索結果に表示されなくなります。

 

 

これはかなり重いペナルティで

Twitterで集客したい、

またはフォロワーを集めたい人には痛手となります。

 

Ghost banとは?

Ghost banとは?

 

ゴーストバンとは、文字通り

ゴースト(幽霊)にされるペナルティのことです。

 

 

これが一番きついかもしれません。

 

 

これになると、ツイッター上でフォローしても

相手のフォロワー欄に表示されなくなる。

というものです。

 

Reply Deboosting とは?

Reply Deboosting とは?

 

 

ここが黒いはてなマークがでていれば

リプライディブースティングにかかっています。

(これだけ表示バグ??)

 

 

内容としては自分のリプライが他人にみえなくなる。というものです。

 

 

これは、特にインフルエンサーに絡んだりして

フォロワーを増やす方法を取っている人にとっては

全くその手段が使えなくなります。

 

 

これにひっかかると↓

このツイートは表示できません

 

 

こんな風に、ツイートが表示されなくなります。

 

 

 

ちなみに

リプライしたことがなければ

 

リプライしたことがない場合

 

 

このように、黄色

「リプライした形跡がないよ!」

って教えてくれます。

 

Twitterでシャドウバン(ShadowBan)になってしまったら

シャドウバン(ShadowBan)になってしまったら

 

 

Twitterで集客している人にとっては

自分のことをまだ知らない人に

全く見てもらえなくなる

 

というのは非常に危険な状態です。

 

 

見てもらえなければ、

当然知ってもらうことも不可能になります。

 

 

当然、なにかアクションを起こしても

影響力に乏しくなってしまいます。

 

 

フォロワー、いいね、RT=影響力

という図式になってしまうので

やはりここで効率を落とすのはもったいないですね。

 

 

そんなシャドウバンですが

僕の経験と調査から推察した

シャドウバンの原因などをまとめてみました。

 

Twitterでシャドウバンになる原因と対処法(推察)

かくいう僕もシャドーバンによくなっていました。

その体験からどうやったらBANされにくくなるのか

推察してみました。

 

 

まずは原因から。

 

考えられる原因1 フォローツールの使用

 

僕はブログ誘導用アカウントとして

Twitterを使用していますが

 

 

集客の際のフォローをツールを用いて

なるべく時間をさかないようにしていた時期があります。

 

 

ツールを利用して短時間に大量のフォローなどをすると

どうしても、シャドウバンにかかってしまうみたいです。

 

 

ですので、なるべく手でフォローを回すことが

大事だと思います。

(僕はもうツールでの爆撃行為はしていません)

 

 

ツールで回すと時間効率があがるという神話は

終わりを告げたのかもしれません。

 

 

ちなみに僕は現在リムーブだけはツールで

リムーブしていますが、それは大丈夫なようです。

 

 

おそらくは攻撃的な(短時間での)フォロー

が規約に引っかかっているのだと思います。

 

 

対策としては

Twitterのルールに100%遵守している

SocialDogを利用することをオススメします。

 

 

いまなら14日間無料体験が可能!

 

今すぐSocialDogに無料で登録する

考えられる原因2 ツールによる大量いいねなど

 

僕は経験したことがありませんが

1日、あるいは一定期間にできる

いいね or RTの数は決まっているそうです。

 

 

あまりに大量のいいねなどで

制限をかけられ過ぎてしまうと

シャドウバンになる可能性は高いそうです。

 

 

ただし、相当な数アクションを起こさないと

制限には到達できないので、

かなりのガチ勢の方向けの情報になります。

 

考えられる原因3 度重なるアカウントのロック

 

度重なるアカウントロックにかかってしまうのも

どうやらシャドウバンされる原因になっているようです。

 

 

ロックされる原因とは

これもツールの使用のように

不審なアクティビティが検知されたときです。

 

 

なるべく垢ロックにかからないようにする

これもシャドウバンを未然に防ぐために必要ですね。

 

 

 

考えられる原因4 同じ外部リンクの多用

 

外部リンクを使用する。

ブログ誘導LINE@で集客している人は

少しヒヤっとしたかもしれませんね。

 

 

僕はこれはあまり原因ではないかな。

と推察しています。

 

 

ただし、外部のBOTツールを使って

毎日同じURLをなんどもツイートする

どうやらシャドウバンの対象になるようです。

 

 

Twitterのシャドウバンはどれくらいで解除されるのか

シャドウバンはどれくらいで解除されるのか

 

僕の経験上

ある程度フォロワーさんが増えて

1000以上のフォロワーさんがいれば

 

数日間、放置していれば

シャドウバンは解除されます。

 

 

ですので、シャドウバンされたといって

落ち込むほどのものではありません。

 

 

ただし、シャドウバン回復までは

経験則的に2〜3日だよ。ということです。

 

 

アルゴリズムは公式に発表されておらず

これらは経験的な推察にすぎません。

 

 

ですが、2年ほどの経験から導きだした推察ですので

かなり信憑性は高いかと思います。

 

・アルゴリズムは未発表でしかなく推測しかできない
・ただし経験則でおおよそ2〜3日で回復する

Twitterのシャドウバンとは?その症状と解除方法を徹底解説!:まとめ

以上のように

結論としては極端なアクションを起こすこと

つまりはTwitterのルールに違反することが

シャドウバンにかかってしまう理由です。

 

 

ですので、詳細なアルゴリズムは未解明ですが

普通にTwitterを利用していれば

なにもかかることはないかと思います。

 

 

もしなってしまっても、

2〜3日放置していれば、回復しますので

安心して利用していただければと思います。

 

 

僕自身Twitterで集客をメインにしていた時期が

あったのですが、このシャドウバンで

顧客が激減した時期がありました。

 

 

かなり苦しかったし、それを知らないのは

一つ情報の武器を持っていないのと同じです。

 

 

この記事を読んで、少しでもTwitterで

フォロワーが増えるようになりました。

リストが入るようになりました。

 

 

と言っていただけると嬉しいですね。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

さらなる学習効果が望まれます。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-Twitter
-, , ,

© 2020 ネット起業家もりさんのブログ Powered by AFFINGER5