人生を考える

今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

2020年9月27日

今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

こんにちは、もりさんです。

この記事では

量産型大学生「自分は量産型大学生になってるのか気になる...。どうしたら周りとは違う個性のある人間になれるんだろう...。量産型大学生から抜け出して異性にモテたいし、チョットでいいから尊敬されたり羨ましいと思われる人間になりたいな...。」

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

僕は21歳の国立大学生です。

バイトは2日でやめてしまったり続きませんでしたが、現在はブログなどネットから月に円ほどの収入を稼いでいます。

ファッションについては文章で伝えられることに限りがありますが、その他の「自分の魅力を引き出すこと」について話していこうと思います。

今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

大学生になると付き合う人が増えて、ファッションを気にし始めたりしますよね。

でも色々な雑誌で勉強しても、いつの間にか「あれ、周りと同じような服ばっかり着てる」ということはよくあります。

そんな、よくいる大学生のことを「量産型大学生」なんて言葉で呼ぶそうですが、ハッキリ言って世の多くの大学生が量産型大学生だと思います。

僕も量産型大学生でした

大学入学したときは、ファッションを勉強して髪をセットしてサークルや部活に精を出したりと、ぼくもかなりの量産型大学生っぷりでした。

モテたい・・周りよりもスゴイ人になりたい・・と思っていたのに、いつの間にか個性のないツマラナイ人間になっていました。

周りよりスゴイ人間になりたい、けどツライことはしたくない・・というクズっぷりでした。たとえば、バイトがイヤすぎて2日でやめたり・・かなり底辺な人間でした...。

どうにかして自分を変えるために、ブログなどネットで稼いでやろうと決断するのですが、それはもっと下で詳しく話していきます。

ファッションは清潔感だけ気にしよう

ファッションは清潔感さえあればOKです。独創的で人とは違うファッションをする必要ってないです。

というのも、独創的で人と違うファッションが刺さる異性って少ないじゃないですか。

万人に受けるファッションのほうが、より多くの人に良い印象を与えられて、あなたがモテる可能性も高くなるかもしれません。

なので、とりあえず清潔感が出るように身なりを整えておけばOKです。

そもそもファッションで差別化はできない

ファッションはお金をかければ誰にでもできる個性の出し方です。

なので、そもそもファッションで「量産型が・・」とか気にするのが間違いです。

流行や好みの兼ね合いで、似たファッションになることはアタリマエと思っていたほうがいいです。

ファッションでは差別化できないのでそこは気にせず、もっとあなたを光らせる別のモノに力を注ぐべきです。

量産型大学生をやめるために...

個性のある人になるため、量産型大学生をやめるためには「魅力的な人になる」ことです。

ぼくが思うに「自分は量産型大学生だな...」と考えてしまう原因は、自分の中に自信を持てるモノ、魅力的なモノがないから・・だと思います。

周りの人間に勝てる魅力的なモノがないので「せめて周りと同じファッションや同じ生活をしておこう...」と考えるのが多くの人の思考です。

安心してください。ぼくも同じでしたが、今はワリと自分の中に魅力があると思えています。

それでは量産型大学生をやめる方法、つまり魅力的な人間になる具体的な方法を次の章で解説していきます。

モテる人は魅力のある人【カンタンに量産型大学生をやめる方法】

モテる人は魅力のある人【カンタンに量産型大学生をやめる方法】

魅力のある人になれば量産型大学生から卒業して、より多くの人からモテます。

ただ、魅力的な人になるって言われても、バクゼンとしていてよく分からないですよね。

そこで量産型大学生をやめるためにオススメしたい具体的な方法を紹介します。

・その①:トーク力を磨く→まず自分を知ろう

・その②:1人で海外旅行してみる

・その③:自分でお金を稼いでみる

それぞれ詳しく解説していきます。

その①:トーク力を磨く→まず自分を知ろう

量産型大学生をやめて魅力的な人間になるためには「トーク力を磨く」ことです。

言うまでもなく、オドオドした人よりも堂々と話せる人間のほうが魅力がありますよね。

具体的には、相手の仕草や使う単語をマネするミラーリングや、オモシロク話を盛る技術があれば異性だけでなく同性もあなたに魅力を感じます。

しかし、これはあくまで小手先のテクニックです。

まず自分を知ること

本質的にトーク力を上げるためには、まず「自分を知る」ことから始めましょう。

あなたは自己紹介を30分くらいできますか?

たとえば「出身はどこ。その土地についての知識。なぜ今の大学を選んだのか。その考えの根底にあるポリシーとか。好きな異性のタイプやなぜそのタイプが好きになったか。これまでの恋愛話。YouTubeはどんなジャンルが好きか。バイトはどんな基準で選ぶのか...」とか。

自分のことについて知るほど、話のネタが生まれるのはもちろん、他人との比較ができたり、またそれが話題になったりと、無限に話せるようになります。

小手先のテクニックと本質である「自分を知ること」でトーク力を上げれば、あなたも間違いなく魅力的な人間になれます。

その②:1人で海外旅行してみる

量産型大学生から脱出するために「1人で海外旅行してみる」こともオススメです。

1人旅行なら国内でもOKです。

ただし分かっておいてほしいのが、「よっしゃ!旅行先でレベルアップしたぜ!」とハッキリとした効果はなくて、なんとなく達成感を味わえて経験値がアップするかな・・くらいです。

なかなか1人旅行を経験してる人もいませんし話のネタにもなるので、経験値を上げる意味では悪くないですね。

その③:自分でお金を稼いでみる←オススメ

量産型大学生をやめたいひとに1番オススメしたいことが「自分でお金を稼いでみる」ことです。

お金の話ですみません。しかし稼げるようになることで、ハッキリと自分が成長できたな・・という自覚を持てた経験だったので書かせてもらいます。

もちろんですがアルバイトで稼ぐのはナシです。自分の力だけで0から稼げる人間になるのがベストです。

お金をたくさん持ってるコトにも、もちろん魅力はありますが、幸いなことに現代ではお金を稼ぐほど人として魅力的になります。

お金を稼ぐほど魅力的になる・・って本当?

分かりやすい話だと「自分のコップを満たせば、自然と人のコップに注げる」という考えがあります。

自分のコップに水が少ないと誰かに与えるのはモッタイナイと思ってしまうし、そもそも与える量も少なくなります。

自分のコップに水が溢れるほど入っていれば、たくさん与えられますしモッタイナイとも思いません。

起業家さんたちがカンボジアに学校を建てたりするのって、自分が満たされているから誰かに与えることができるんですよね。

というワケで、お金を稼げるようになると余裕のある人間になれるので、人に与えることができる魅力的な人間になれるんです。

とはいえバイト以外で「自分で稼ぐ」って最初は何していいか分からないと思うので、興味ある方はネットビジネスを2年続けた大学生の末路。月収100万はイケます。をぜひご覧ください。

中身のない量産型大学生は嫌われる【今スグ変わろう】

中身のない量産型大学生は嫌われる【今スグ変わろう】

ここから完全に個人的な意見なのですが、ぼくは量産型大学生がキライです。

むかしの自分が量産型大学生だったからというのもあります。

しかし、特に自分のやりたいこともなく大学もテキトーに過ごして、バイトやサークルや遊びや飲み会などラクなことだけしてる人って中身がスカスカです。

とても「この人と話したい!仲良くなりたい!」なんて思いません。

むしろ、そんなノーテンキに大学生の大切な期間をムダにしてしまって大丈夫か?・・と心配になります。

心配ついでにアドバイスもしておきます

もし特にやることもなく、大学とバイトと遊びのループな生活を送っているなら、自分で1円でも稼いでみてください。

別に大金を稼げるようになる必要なんてなくて、その過程でお金についての知識がいくらか増えたらOKです。

生きる上で必須な「お金」について、大学でも会社でも詳しく教えてくれませんから、もしあなたが量産型な生活をしてるなら1円でも稼いでみてください。

これがもっとも手っ取り早くて、もっとも効果的に量産型大学生から抜け出せる方法です。

まとめ:今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

まとめ:今スグ「量産型大学生」をやめる方法【個性はカンタンに作れます】

最後に記事の内容を振り返って終わりにします。

世の中の多くは量産型大学生ですし、かくいう僕もファッションを気にしたりする量産型大学生の1人でした。

ですが、そもそもファッションや外見で差別化しようとするのはナンセンスです。不可能なので。

そんなことよりも、トーク力や経験値をアップしたり、自分で1円でもお金を稼いで、中身がギュッと詰まった魅力的な人間を目指したほうがいいです。

ぼく自身が1番変われたキッカケになったのは、自分で稼いでみることだったので、お金の話もさせていただきました。

量産型大学生になってしまっている自覚が少しでもあれば、それは変わるチャンスです。

無自覚な人よりも、自覚のある人のほうが何倍も賢いですから、あなたが少しでも変わるキッカケになれば、本記事の役割を果たせたと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

-人生を考える