Twitter

ツイートするネタ(内容)が見つからない?【ネタの作り方伝授します】

 

こんにちは、もりさんです。

 

先日、ツイッターで簡単にフォロワーを増やす方法について

簡単に実践できる方法を記事にまとめました。

 

 

詳しくはコチラ↓

 

 

そこで、1日に5〜10個ツイートしよう

ツイートの文字数は120〜140文字書こう。

とお伝えしました。

 

 

しかし、多くの方々が

 

「発信(ツイート)するネタがどうしても見つからない。」

「ツイート内容にどうしても時間をかけてしまう。」

 

と感じていると思います。

 

 

今回はそんなツイートのネタがない人に向けて

深掘りした内容を書いていこうかなー。

と思います。

 

ツイートするネタ(内容)が見つからない?

ツイートのネタは見つかる お姉さん

 

 

先ほども述べましたが

ツイートするネタがないんです・・。

みたいなお話をよく受けます。

 

 

ではツイートというものは

どんな本質から構成されているのでしょうか??

 

・ツイートの基本から振りかえってみよう

 

ツイートのネタの絶対的な本質

 

まず、ツイートを考えるうえで

必ず必要なものがあります。

 

それは、

フォロワーにとって有益かどうか。

ということ。

 

 

これが本質。

これができていないとフォロワーも増えません。

 

・伸びる人のツイート=フォロワーにとって有益である

 

とにかくそれを意識して

ツイートを考える癖をつけてみましょう。

 

 

コンテンツが有益なら数ヶ月で

フォロワー10000人は簡単に達成できます。

 

 

とはいってもあくまでこれは本質なので

少し具体的な方法をまとめてみました。

 

 

まずは考え方から。

考え方をわかってもらえれば

すこし心のハードルは下がるかと思います。

ツイートのネタがない人が持つべき考え方

 

・基本的に勉強すればめちゃ簡単にネタは作れる

・あなたが過去に欲しかった情報に価値がある

・日常にネタはゴロゴロ転がっている

 

考え方としてもっておけばいいのは

この3つです。

 

本当にこれだけでツイートは量産できます。

 

ツイートのネタを作るための勉強法【おすすめ】

おすすめの勉強法

 

 

冒頭ではフォロワーにとって

有益な情報を発信しようといいました。

 

 

でも、なにが有益かわからない。

そんな人も多いかと思います。

 

 

そんな時に一番手っ取り早いのは

勉強すること。です。

 

 

みんなツイッターで情報発信するのに

なぜか勉強しないんですよね。

 

・ツイートとして発信する方法を学ぼう

・ツイートするコンテンツを学ぼう

 

中身がないアウトプットはどうしても

薄っぺらく感じてしまうし、

 

やはり勉強の過程で学んだことを

アウトプットする方が有益です。

 

 

おすすめの勉強法(実際に僕がやっているもの)を伝授します。

 

有益なツイートを勉強しまくる

 

一番おすすめなのは、これです。

 

 

「この人有益だなー。」と

思うツイッターアカウントや

 

有益すぎて少しバズっているツイートがあれば

即スクリーンショットをとりましょう。

 

 

それをどこかのファイルにまとめてしまって

読み込んでみてください。

 

僕は自分が有益だなー。と感じた人の

スクショを1500枚ほどもっています。

 

 

何が有益か判断しづらかったら

とにかくいいねの多いツイートを

スクショすることをお勧めします。

 

・有益なツイートはすぐにスクショしよう
・迷ったらいいねの数で判断しよう

書籍からビビッときたものをメモにまとめる

これも情報投資額が少なく

手取り早くネタを作り上げることができます。

 

 

特にこれは自己啓発系の本によく使えます。

 

己啓発本の書き方・例え方・言葉

これらはそのまま自分の言葉に直して

アウトプットするだけでも使えます。

 

 

僕は自己啓発系のツイートを溜め込みたかったら

書店で適当に有名な自己啓発本を購入します。

 

ざっと読んで、これいいな!と思ったら

それを自分の言葉にしてアウトプットしてみてください。

 

過去に知りたかったことを思い出す

これもかなり価値を付加できます。

 

あなたが1ヶ月〜数年前に知りたかったことを

ピックアップして書き出してみてください。

 

 

それを求めている人は多いはず。

それの解決策を提示してあげることで

かなり有益なツイートを作り上げることができます。

 

 

僕の例を挙げると

いまこうして昔知りたかった

Twitterに関しての記事をまとめています。

 

そういったように昔知りたかった情報は

今どこかで誰かが欲している情報です。

 

 

それを140文字に凝縮して

ツイートする練習をしてみてください。

 

 

あなたの

 

・ツイートの有益性

・アウトプットの質

・ツイートのネタ作りの力

 

すべての能力が上がります。

 

ツイッターに関する攻略情報を学ぶ

ツイッターを本当に極めるなら

有料ですが、noteなどの

情報に投資する方法がおすすめです。

 

 

なかには役に立たないものもあるので

しっかりと下調べをした上で購入しましょう。

 

読まれるツイートを作る方法

読まれるツイート 書き方

 

 

ツイートのコンテンツの内容がいいものだとしても

書き方が下手くそだとどうしても

読み手に不快感を与えてしまいがちです。

 

 

基本的に初心者のうちは意識してほしいのが

ツイートの構成の仕方です。

PREP法を駆使してよみやすいツイートを作る

 

これは現実世界の会話でも応用できるので

ぜひ実践してみてください。

 

 

基本的にツイートの構成は

PREP法で構成します。

 

PREP法とは

 

Point    =結論を述べる
Reason   =理由を述べる
Exanple =例を述べる
Point     =最初の結論でくくる

 

というもの。

 

これはツイートだけでなく

記事などコンテンツ全般の書き方として応用可能です。

 

 

例えばこんな感じ↓

https://twitter.com/morisan1005/status/1226067947728330758?s=20

 

僕のツイートが全て明確にPREP法で

書かれているわけではありませんが

 

基本的な構成要素はPREPを意識することが多いです。

 

ただし、ツイートに関しては

140文字という数の制限があるので

事例は書かないことが多いです。

体験を交えるとツイートの価値はあがる

ツイートの構成要素として

あなたの実際の体験談というのは

かなり有益です。

 

 

例えばこんな感じ↓

https://twitter.com/morisan1005/status/1221911366467866624?s=20

 

 

これは実際に僕の体験談を交えて

書くことで反応率を高めることができた例です。

 

 

体験談一つで人は

ツイートを興味深く読んでくれるようになります。

 

・体験談を交えるとツイートの質は上がる

ツイートのネタの作り方のまとめ

 

ここまでにツイートのネタの勉強法と

ツイートの書き方をお話しました。

 

 

流れとしておさらいすると

 

有益なコンテンツを作る

そして

その伝え方(書き方)を勉強する

でしたね。

 

 

俗にインフルエンサーと

呼ばれる人たちのツイートを見てみると

この二つの練度が高いです。

最後にいいたいこと

 

ずっと本質が大切だー!

といってきましたが、

 

要は小手先のテクニックで

しっかり継続してツイートしていれば

いつしか本質に沿ったツイートを量産できるようになります。

 

 

ツイッターも何事も

最初が一番苦労しますからね。

 

そこで継続できるかどうか。

 

ブログも、情報発信も、

もちろんツイッターも同じです。

 

もちろん

僕も継続・継続・継続です。

 

苦しかったらいつでもここに来てください。

僕と一緒に継続していくつもりで

頑張りましょう。

 

 

長くなりましたが、以上です。

 

 

 

ネットビジネスに興味があるならこちらもどうぞ↓

 

-Twitter

© 2020 ネット起業家もりさんのブログ Powered by AFFINGER5