学習法

集中力をアップして作業効率を上げる方法5選【すぐに使えます】

 

こんにちはもりさんです。

 

「効率」ってすごい大事ですよね。

 

パソコン作業だとか、何かを勉強したりする時

誰しも一度は意識するものです。

 

 

今日は、そんな「効率」について

お話したいと思います。

 

 

効率を意識する前の大前提

外国人 悩み

 

効率を意識してしまう時

というものがあります。

 

 

それは

 

「やる気はあって作業時間を

目一杯取っているけどどうしても

これ以上のパフォーマンスをしたい」

 

と思った時です。

 

 

効率ばっかり意識する人って

そもそも作業時間を確保せず

作業量自体が少ない人がいるんです。

 

 

なので、今回はしっかりやる気があって

作業時間もなるべく取っているけど

 

求める作業パフォーマンスを得られていない方

 

に向けての記事になります。

 

効率は集中力あってのもの

 

効率、効率とお話しましたが

 

「効率」を形作るモノって

なんなのでしょうか??

 

 

それは実は「集中力」です。

もっと言えば「脳の働き」です

 

 

 

はじめに「効率」とは言ったのですが

まずは集中について深掘りしていきます。

 

 

【ひとこと】

余談になるのですが

本質を知ることって、とっても大事です

 

 

「最短でそれを知り尽くす努力」

をする人ってなんでも要領よくこなせるし

どの世界でも成功している気がします。

 

 

今回の話で例えるのであれば

「効率」について知るには「集中力」

さらには「脳」で。。。

 

と学んでいける人はとても

成長スピードが早いと思います。

 

 

 

なのでなんでも実践することも大事ですが

まずその「攻略法」を知ることが

全てにおいて結果を左右する気がします。

 

 

では早速本題に移ります

 

集中は作れる

 

脳が集中している時

人は多くの仕事をこなせるようになります。

 

 

作業をしている様子を見ても、すごく没頭して

それでいて楽しそうに作業しています

 

 

そういった集中状態にある時、

脳はドーパミンやアドレナリンといった

脳内麻薬物質がたくさん分泌されています

 

 

これらが、気分をポジティブにさせ

作業を楽しいと思わせてくれます。

 

 

これが続けばパフォーマンスは

えげつないことになりますよね。

 

 

ではそんな集中力を持続させるには

どんな方法があるのか

また集中が続かない原因を

以下にまとめました。

 

集中できない主な原因

外国人 疲れて眠る

.気になってしまうものがある

 

例えば、

スマホを近くに置いたり

テレビを見ながらだと

あまり集中できなかったりしませんか?

 

 

作業や勉強に全く関係のないゲームや

ユーチューブを見てしまって

気づいたらこんな時間に。。

 

 

こんな経験をした方は

多いのではないでしょうか。

 

 

 

脳は集中対象を複数持つと

それと同時にエネルギーも

複数に分散してしまいます。

 

 

そのゲームよりも目的の作業の方が

あなたの中で重要であるのならば

 

 

今は他の興味を引くものを遠ざけたり

見ないようにする方がいいですね。

 

 

.十分な睡眠がとれていない

 

何かに長時間集中するだけで

体が疲れるくらい

集中は体力を使います。

 

 

そのため、寝不足であったり

体調不良であったりしたならば、

 

集中のパフォーマンスは

格段に落ちてしまいます。

 

 

そういったときは無理に続けず、

体をゆっくり休めることが大事です。

 

 

.焦る明確な理由がない

 

焦る理由がない時も

集中できなかったりします。

 

 

例えば、

1日で終わる仕事を1ヶ月以内に

終わらせなければいけない時

 

 

人はギリギリまでやろうとしません

夏休みの宿題現象ですね。笑

 

 

 

逆に2日で終わる仕事を

1日でやれと言われると

 

案外できてしまったりします。

 

これは危機感の欠如によって

脳が慢心した場合

 

つまり、

 

後〇〇日あるから今日はいいや

と、逃げ道を作ってしまう時に

起きる現象です。

 

 

危機感を持てる状況を作れるなら

そうすることが望ましいです

 

 

例えば周りの誰かに

〇〇日までにこれを終わらせる

と宣言したり

 

自分のタイマーで△△時までに

これを終わらせると決める

 

 

といったように

作業にリミットを設けること

簡単で効果があります。

 

 

 

今すぐ集中できる方法

集中 瞑想

 

 

.外部の情報を遮る

 

 

これは僕が最もオススメしている方法です。

 

耳栓やイヤホンなどで外部の音を遮断し、

脳に入る雑音を消すことが目的です。

 

 

また、イヤホンでクラシックやピアノ曲を

聞き流すことで脳のα波が出やすくなり

すぐに集中状態に入れると言われています。

 

 

また特に留意してほしいのは

邦楽(日本語の曲)はNGです

 

 

それは脳が曲の中の言語を聞き取ろう

としてしまうからです。

 

 

それだと結局、イヤホンから雑音を

流してしまうことになります。

 

 

一番おすすめなのは、

洋楽かクラシックです。

 

 

邦楽を今まで聞いていたなら

実は本当に集中はしていなかったのかも。

 

これからさらに集中力をつけられる

可能性がありますね!

 

 

 

.ガムを噛む

 

 

これ簡単ですが、結構効果あります。

 

 

文教学院大学の教授らの研究によると

ガムを噛むタイミングは

 

「集中したいまさにその時」だそう。

 

 

ちなみに、味はなんでもよく

この「噛む」動作に脳を刺激する

ポイントがあることがわかっています。

 

 

. ブドウ糖を補給する

 

脳に最も必要なエネルギー源は

このブドウ糖です。

 

 

動物の2〜4倍ほど人間は

ブドウ糖を消費します

 

 

それくらい人間にとって欠かせなく

糖分が不足すると、脳の働きが衰え

集中力も格段に落ちます。

 

 

糖質制限などをしている場合

糖分不足によって集中できない

時間が長く続くようになります。

 

 

ブドウ糖は大体1時間に3gくらい

摂取すれば集中が続きやすいです。

 

 

東大生はよくブドウ糖を食べるらしいです

 

 

ちなみに、僕は筋トレに凝った時期に

極限に糖質制限をしたことがあるのですが

 

 

一日中、空虚な眼差しで

永遠にぼーっとしていました。笑

 

 

4.タスクを細分化する

 

やるべき作業が膨大であったり、

あれもこれもやらなければいけない時

脳はその作業量にうんざりしてしまいます

 

 

よくマラソンランナーがやる方法で

『電柱ごとにゴールを定める』

というものがあります。

 

作業の区切りを細かくして

 

・この5ページだけを勉強する

・この記事1つだけ書く。

 

というふうに目標を設定します。

 

 

脳は目標を達成した時、

ドーパミンなどの脳内麻薬が分泌され

モチベーションがはるかに上がります。

 

 

この繰り返しでやる気の満ちている状態を

キープしてあげることで脳が常に

目標達成時の脳内麻薬を求めるようになります。

 

 

すると常に脳はびっくりするほどフル稼働します。

そこで必要となるのが先ほどのブドウ糖です。

 

 

 

 

5.フォーカスリインベストメント

 

 

これは一度切れた集中力を

もとに戻すために試す手法です。

 

 

1.集中力が途切れていることを率直に認める。

2.集中力を再び取り戻すことを声に出して宣言する。

3.集中力が途切れるきっかけになるものをつぶしておく。

例) 電話、メール、空腹など。

4.再開する作業が重要であるという意識を持ち、

小さな作業から再開する。

5.集中力が途切れる前とは違う視点が見えてきたり、

他の視点を模索するような気分になったら

集中力が取り戻せている証拠なので、

自分を褒めつつ没頭する。

 

 

手順通りにやれば、比較的早く集中力を

取り戻すことができます。

 

 

 

まとめ

まとめ

 

 

集中できない、達成感がない

やる気が出ないという悪循環になると

抜け出すことが辛くなってきます。

 

 

しかし、細かいタスクを達成したり、

 

プラシーボ効果

(思い込みでも実際に影響が出るもの)

でもいいので作業に取り掛かって見ましょう

 

 

すると知らぬ間に脳が達成を

貪欲に求めるようになります。

 

 

当記事内の方法でも

自分なりの方法でも構わないので

 

 

自分でこれだけはスイッチが入る

というものを見つけてみてください。

 

 

するとこれからの未来の生産性は

飛躍的に向上します。

 

 

-学習法
-, ,

© 2020 ネット起業家もりさんのブログ Powered by AFFINGER5