集中力

【簡単】音楽を聞きながら集中力アップするコツ【2つだけ】

【簡単】音楽を聞きながら集中力アップするコツ【2つだけ】

 

こんにちは、もりさんです。

 

この記事では

 

音楽で集中したい人「イヤな仕事でも音楽を聞いたら集中できるかもと思うけど...ぶっちゃけ音楽って集中力に関係あるの?もし効果あるなら、どんな音楽がイチバン効果があるんだろう?」

 

こんな悩みを解決していきます。

 

本記事の信頼性

もりさん
21歳の現役大学生です。
普段から音楽を聞いてタスクに取り組んでいます。「AirPods Pro」と「Sony WF-1000XM3」のイヤホンを二刀流してる、ちょっとだけ音バカです。

 

そのおかげで集中力を維持しつつタスクを完了できます。ストレスの少ない毎日です。

 

ここでは、集中したいときにオススメの音楽、また集中力によくて効率的な音楽の聞き方を具体的に解説します。

 

たとえ気分がノってないときでも、音楽をうまく活用すればサクッとタスクが終わるようになります。

 

ぶっちゃけ音楽って集中力に関係あるの?

ぶっちゃけ音楽って集中力に関係あるの?

 

めちゃめちゃ関係あります。

 

無音だと集中力が下がる

 

これは数多くの実験によって立証されていて、無音の状態だと学習や作業の妨げになることが分かっています。

 

勉強においても仕事においても、無音の状態だと集中力が下がるんです。

 

可能なかぎり、音楽を聞きながらが良いですね。

 

とはいえ脳は不器用です

 

しかし僕らの脳みそは不器用です。

複数に集中力を使うのはあまり得意ではありません。

 

「仕事 + 音楽」など2つ同時に集中するのは苦手です。

 

なので大きな音量で音楽を聞いてると、集中力が分散してしまうでしょうね。

 

無意識なら複数いけます

 

繰り返しになりますが人間の脳は、複数のことを並行して処理するのは苦手です。カンタンに言えば、意識して2つに集中はできない・・ということです。

 

しかし、脳は ”無意識" てきには複数のことを同時に処理できます。

 

例えば今こうしている間にも。あなたの脳は、たくさんの情報を無意識に処理しているはずです。人の話し声やかすかに聞こえるエアコンの音、手に握るスマホの重さなど、たくさんの情報を無視してましたよね。

 

この「無意識に情報を遮断する」という脳の働きを活かせば、おどろくべき集中力を発揮するようになります。

 

結論:テキドに音楽を聞くのが良さげ

 

無音でも騒音でも気が散ります。

なので、テキドに音楽を流すのが良いですね。「なんか音が聞こえてくるけど、これは不要だな」と脳に判断させれば僕らの勝ちです。

 

そうやって耳からの情報をすべて遮断できれば、取り憑かれたかのように集中力を発揮し、勉強も仕事もサクサク進みます。

 

原理としてはこんな感じ。

 

無音も騒音もジャマ

→テキドに音楽を流す

→音楽が流れてることを忘れる

→タスクへの集中力MAX

 

つまり集中力アップのためには、気にならない程度に音楽を聞くのが良さげということです。

 

【テキドな音楽?】集中力アップする聞き方とは

集中力アップする音楽の聞き方とは

 

では「テキドな音楽」とはいったい何なのか?

 

集中できる音楽の聞き方

 

①小さめの音量

②歌詞なし

 

勉強や仕事をするとき、集中力アップする音楽の聞き方は「小さめの音量で歌詞なしの曲を聞く」です。

 

落ち着いた雰囲気のクラシックとか最適だと思いますよ。

 

集中できない音楽の聞き方

 

逆に、集中のジャマになってしまう音楽の聞き方はこの2つですね。

 

①大音量

②歌詞あり

 

この2つは避けるのが良いでしょう。

 

つまり勉強や仕事をするときには向かない音楽ってのは、「大音量で流すJ-POP」とかですね。

 

結論:小さめに好きな音楽を聞け

 

しかし身も蓋もないことを言ってしまうと、ぶっちゃけ音楽のジャンルはどうでもいいです。「小さめの音量」の方が何倍も大切。

 

落ち着いた雰囲気のクラシックとか最適だと思いますよ。

 

先ほどの文章を読んで「やっぱクラシック聞くのは良いんだ~。試してみよ~」と少しだけ思いましたよね。

 

試してみるのは構いません。しかし先に僕が試してるので結果を言っておくと、趣味じゃない音楽を聞いても効率は上がりませんよ。

 

もりさん
むしろ普段は聞かない音楽なので、気になって仕方ないです。

 

人間ってメンドクサイ生き物で、データや検証の通りにはいかないようですね。好きな音楽を小さめに聞くのがベストな気がします。

 

余談だけど小さい音で聞くなら、ノイズキャンセリング機能付きイヤホンとかあると便利。

 

より情報を遮断できるので、メチャ集中できます。愛用イヤホンのレビューを書いてるので良かったらご覧ください。

 

【比較】人気のワイヤレスイヤホンを使い比べ【AirPods Pro / Sony WF-1000XM3】

 

音楽は「気持ち」です

 

ポエムくさいですね。でも「これ聞いたら集中できる!」という気持ちさえあれば、ぶっちゃけ音楽のジャンルなんて何でもOK。

 

もりさん
眠い時 → EDM,レゲエ,洋楽
眠くない時 → ジャズ

 

こんな感じで、音量は小さめに好きな音楽を聞いてます。

 

「これを聞いたら集中できる!」という思い込みや気持ちこそが、集中力アップのミソポイントなんです。

 

音楽を聞きながら集中したい人にオススメの環境

音楽を聞きながら集中したい人にオススメの環境

 

さてここまでのハナシを少しだけまとめます。

 

・脳は複数に集中するのが苦手

・耳からの情報を無意識に消そう

・大音量で歌詞なしが集中しやすい

 

しかし僕が言いたいことは、

「音楽のジャンルにこだわる」とか

「実験データばかり参考にする」とか

小手先のテクニックは無視しようってこと。

 

目の前のタスクに集中したいなら、自分と対話しながらその本質を探すことです。

 

その①:好きな音楽を聞く

 

好きでもないのにクラシックを聞いたり、好きでもないのにEDMを聞くのは余計にストレスが増えるだけです。

 

もちろん歌詞なしがベターです。しかし「J-POPの曲の他に好きな音楽がない!自分はこれしかないんだ!」というならJ-POPもアリ。

 

もうネットの情報に頼って鵜呑みにするのやめましょう。

 

自分の好きな音楽でやる気を促進してあげれば、集中力を維持しつつサクッとタスクも終わります。

 

その方が、本当に自分のためになりますね。

 

その②:小さめの音量で聞く

 

そして大切なことは「小さめの音量」で聞くことです。

 

脳に「耳からの情報は不要だな」と思わせることで、目の前のタスクに没頭できます。

 

耳に馴染んだ好きな音楽を小さな音量で聞きつつ、鬼の集中力でサクッと終わらせて快適な日々を過ごしましょう。

 

ノイキャンイヤホンが最高

 

小さめの音楽を聞くには、ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンが最適です。

 

普通のイヤホンだとムダ情報がわりと聞こえてきます。受験生だけでなく仕事に集中したい大人も、ぶっちゃけノイキャンは必須です。

 

よくカフェで作業をするのですが、雑音を消しつつ、小さめの音楽を聞くことで最高の集中力を引き出せます。

 

昔からガジェット系が好きで、現在も最新の製品をよく使います。愛用してるイヤホンの記事を書いたので貼っておきますね。

【比較】人気のワイヤレスイヤホンを使い比べ【AirPods Pro / Sony WF-1000XM3】

 

まとめ:【簡単】音楽を聞きながら集中力アップするコツ【2つだけ】

まとめ:【簡単】音楽を聞きながら集中力アップするコツ【2つだけ】

 

・無音も騒音もジャマ

・耳からの情報を無意識に遮断しよう

・①:音楽は好きなジャンルでOK

・②:小さめの音量(←大切)

・ノイキャン機能つきイヤホンが神

 

集中力アップしたいなら、あなたの好きな音楽を小さめの音量で聞きましょう。

 

そうすれば集中力を維持しつつ、サクッと仕事も勉強も終わらせてストレスフリーな毎日を送れます。

 

小さめの音量ならノイズキャンセリング機能は欲しいところ。僕はもうノイキャンのイヤホンが手放せません。

 

オススメのイヤホン

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

≫ ほかの集中力に関する記事を読む

 

-集中力

© 2021 もりさんのブログ Powered by AFFINGER5