大学生活

大学生は人生の夏休みだから遊べと言う人【←人生設計ミスってます】

大学生は人生の夏休みだから遊べという人【←人生設計ミスってます】

 

こんにちは。もりさんです。

 

この記事では

大学生は人生の夏休みと思ってる人「大学生は人生の夏休みって言われるけど本当なの?大学生の時間を無駄にしたくないな。究極的な話だけど、大学は行っておいた方がいいの?」

こんな悩みを解決します。

 

本記事の信頼性 

現在のぼくは21歳の現役大学生です。

 

入学したてのころ、大学生は人生の夏休みだと思っていましたが今はまったく違う考えに変わりました。

 

現在では現役大学生ながら月に200万円ほどの収入を得るようになりましたが、そのあたりの経験も含めて解説していきます。

 

詳しくはもりさんの実績にてご覧ください。

 

「大学生は人生の夏休み」って発言してる人は、人生設計にミスってます

大学生が人生の夏休みって言ってる人は人生設計ミスってます

「大学生は人生の夏休みだから遊んどけよ」っていう人は、人生設計にミスってる人です。

 

というのも卒業後の人生(約60年間)をより良いものにするため、大学生こそ遊ばず自分を高めるために時間を使うべきだからです。

 

具体的に解説します。

 

Aさん:大学4年間を何も考えず遊んで過ごす→卒業後の60年間が余裕のない人生になる

 

Bさん:大学4年間を自分の価値を高めて過ごす→卒業後の60年間を楽しくて余裕のある人生になる

 

簡単に言えば「4年間頑張って60年間を楽しくする」か「4年間遊んで60年間苦しむ」のどちらかです。

 

Aさんは大学生の4年間を楽しむために60年という長い時間を犠牲にしています

 

言い方が悪く聞こえるかもしれませんが、これって人生設計をミスってますよね

 

人生設計ミスらないために大学生はなにをしたらいいの?

人生設計ミスらないために大学生は何したらいいの?

人生の夏休みと言われる大学生のうちにやっておくべきことは、スキルや経験を得るために「自分の力で(アルバイト以外で)1円でも稼ぐこと」です。

 

ノースキルでもできる仕事は誰にでもできるから競争率が高まります

よって給料も安くなります。

 

またノースキルの仕事は肉体的や精神的に大変なものが多いです。

つまり自分の力で稼ぐ力のない人は苦しい人生になってしまいます。

 

具体的にノースキルでもできる仕事の例をあげるとすると、大学生ができるアルバイトのほとんどがそれに当てはまります。

 

例えば

・飲食店

・レジ打ち

・コールセンター

・引っ越し

 etc...

これらの仕事をやっても肉体労働の大変さが分かったり、トラブルを回避するコミュニケーション力が身につくくらいです。なんのスキルも身につきません。

 

結論として、大学生の間にスキルや経験を得ずに何も行動しない人は人生設計をミスっていると言えますね

 

それなら大学に行かず、スキルや経験を得ればよくない?

それなら大学生にならずにスキル身につければよくない?

大学生の身分でいると新しい挑戦をしやすくなるので大学には行った方がいいです

 

大学生であれば失敗したときに親に頼ったり学生に戻ることができる。つまり失敗のリスクがほとんどないんです。

 

フリーランスや会社員が副業をしたとします。少なからず時間を使うので本業にも影響を及ぼします。それでほとんど収入が得られなかったら生活が揺らぎます。

 

社会人になると自分の生活費を自分の仕事で稼がないといけないので「副業の失敗=生活が困難になる」ということになります。

 

大学生は失敗してもダメージはほとんどありません。

親に頼るか自分で再起できるなら再度挑戦したらいい。

 

もし本当にダメになっても普通の大学生に戻るだけです。失敗しても痛手がないので新しいことに挑戦しやすいという大学生の身分を利用しない手はないです。

 

とは言いますが「結局は何に挑戦したらいいんだ」という声が聞こえてきそうなので、次で解説させていただきます。

 

大学生がすべきことは「ネットビジネス」です

大学生がすべきことはネットビジネスです

大学生が最初にやることでオススメなのは「ネットビジネス」です。

 

世の中には無数の稼ぐ手段がありますが「大学生に向いてる、勉強効率の良い、今後に役立つスキルが身につくもの」を考えると「ネットビジネス」になります。

 

ぼくが取り組んでいる「コンテンツビジネス(ネットビジネスのひとつの例)」で深堀してみます。

 

「コンテンツビジネス」はいつでもどこでも学んだり作業ができるので、講義やバイトに支障を出さずにできます。

 

また、マーケティングやライティングなどビジネスの本質的な部分が学べるので、どんな分野にも応用が利きめちゃめちゃ役に立ちます。

 

実際、最初にこのビジネスを勉強したぼくは、かなりの実績を出せました。

 

ぼくの実績やコンテンツビジネスが最強だよって話をコンテンツビジネスとは?【最強です】※不労所得が作れる理由も解説で詳しく解説しています。

 

他のビジネスでスキルや経験は得られないの?

他のビジネスではスキルは身につかないの?

スキルや経験を得るという観点では、他のビジネスもアリです。

 

下で紹介するものでもスキルや経験を得られます。

大学生ができる、スキルや経験を得る具体例をまとめました。

 

✔ プログラミングを学んでネットで案件を取る

プログラミングはインターネットと切っても切り離せないもの。企業の広告サイトやアフィリエイトサイトの制作~点検など、この仕事の需要が無くなることはまずないでしょう。しかも、プログラミングスキルがあれば即戦力として就職しやすくなったり、最終的にはフリーランスとして自由な生活も目指せます。

 

✔ アイコン、サムネ制作、動画編集などで案件を取る

特殊なスキルになるので、一生これで食べていくのは難しいかもしれません。しかしこれらを入口に実績を作ってから、SNSで情報発信してポジションを獲得して自分の教材なんかを作るのは良い作戦でしょう。

 

✔「せどり,投資」を学んでみる

経験は得られますが、スキルは得られません。これらで学べる知識が「せどり,投資」でしか使えない知識だからです。始めやすさは1番なので、経験としてやってみるのはいいかもしれません。

 

コンテンツビジネス以外もアリですが「勉強効率や今後に役立つか」を考えると、大学生が最初に学ぶものとして「コンテンツビジネス」が1番オススメということです。

 

まとめ:大学生は人生の夏休みだから遊べと言う人【←人生設計ミスってます】

大学生は人生の夏休みだという人【←人生設計ミスってます】

いかがだったでしょうか。

大学生は人生の夏休みと思っていたら痛い目を見ます。

 

大学生の4年間を遊んで過ごす人は人生設計をミスります。

 

・「大学生は遊んどけ」発言をする人は、大学4年間だけが楽しい人生。
・大学4年間にスキルや経験を得た人は、大学卒業後ずっと楽しい人生。

 

結論としては「自分の卒業後の約60年間のため、大学生という4年間の人生にネットビジネスを利用してスキルと経験を得よう」ということでした。

 

今回の記事は以上になります。

 

本記事を読んだ方が、大学生という素晴らしい期間を少しでも有意義なものにできたら嬉しいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-大学生活

© 2020 ネット起業家もりさんのブログ Powered by AFFINGER5