大学生活

大学がつまらない?最高に面白くする方法はたった1つ【人生も変わる】

大学がつまらない?最高に面白くする方法はたった1つ【人生も変わる】

 

こんにちは。もりさんです。

 

この記事では、

大学がつまらない人

「大学って本当につまらないよなぁ。4年間もこのつまらない生活を過ごすのはイヤだなぁ。何か夢中になれるモノってないかなぁ。。」

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕も、1回生のころまで大学は本当につまらないと思う人間でした。

でもネットで稼ぐことに夢中になれて、現在は毎日が充実しています。

 

大学がつまらないなら夢中になることを見つけるべき

大学がつまらないなら夢中になることを見つけるべき

結論から言いますと、大学がつまらないと感じている人は夢中になれるモノを見つけるべきです。

 

というよりこれしかありません。

 

夢中になれるモノがない人が行き着く先はだいたいゲームかYouTubeあたりですよね、、

 

でもそんな生活ははっきり言って何の意味もないので今すぐ抜け出すべきですよ。

 

僕が夢中になれたモノ

僕も1回生のころは、夢中になれるモノがなく、充実度のない生活を送っていました。

 

しかし知り合いの誘いをきっかけに「ネットビジネス」というものに出会いました。

 

僕の場合は、このネットビジネスにどっぷりとはまり夢中となり、今では2年ほど続けて月に200万円ほど稼げるようになりました。

 

そのあたりの詳しい話はネットビジネスを2年続けた大学生の末路。月収100万はイケます。で話しています。

 

何に夢中になるかは意外とどうでもよくて、とにかく1つのことに夢中になってみることが大事なんですよね。

 

僕はネットビジネスを始めてから、毎日朝の6時からパソコン開いて作業したり、休日の日にはMac片手にスタバに行っておしゃれ気分を味わいながら作業していました。

 

僕はネットビジネスを始めて、大学生ながらに数百万というお金を稼いでます。

 

それも上で書いたように夢中になって取り組めていたからです。

 

大学がつまらないと思う方は、まずは夢中になれるものを1つだけ見つけてどっぷりとその世界に浸ってみるのが良いですね。

 

では、なぜそもそも、大学がつまらないと感じてしまうのでしょうか?

 

その理由について深掘りしていきましょう。

 

深掘りして、自分を理解していくと、意外と解決方法は見つかってくるんですよね。

 

大学=つまらない?まずは理由を深掘りします

大学=つまらない?まずは理由を深掘りします

大学がつまらないと感じる代表的な理由の以下の3つについて深掘りしていきます。

・大学の授業に興味が持てない
・特定の趣味がない
・気が合う友達がいない

 

大学の授業興味が持てない

大学の授業に興味が持てない場合大学はつまらないモノになります。

 

大学に入るためにほとんどの人は必死に受験勉強したと思います。

 

しかし意外に入学してから「何でこの学部に入ったんだろう」と思う人は多いはずです。

 

僕も入学して1ヶ月ほどして、授業は専門的すぎて難しいし、そもそも授業が全く面白くないと感じていました。

 

毎日、興味のない授業を聞くほど苦痛なものはないですし、大学の授業に興味が持てない場合は、大学がつまらないと感じますね。

 

特定の趣味がない

趣味がない場合も、大学はつまらないモノになります。

 

大学は、高校と違って、行事などはほとんど用意されていないですよね。

 

だから、熱中できるような趣味がないと、「学校に行き講義を聞く」という同じ毎日の繰り返しです。

 

当然、つまらないモノになりますよね。

 

僕も1回生のころ熱中出来るモノに出会えてなかったので、毎日ゲームやYouTubeという、割とクズな生活でした。

 

趣味がないと、大学はつまらないものに感じやすいですね。

 

気が合う友達がいない

気が合う友達が周りにいない場合つまらない生活になりがちですよね。

 

大学って授業以外の時間の方が多いので、気の合う友達がいない場合、結構退屈します。

 

僕も大学1回生のころは周りがノリの違う人だらけでした。

 

だから授業が終わったらすぐに帰るというなんともインキャみたいな生活を送っていました。

 

大学は自由な時間が多いからこそ、気の合う友達がいない場合は大学はつまらないものに感じますね。

 

僕も始めの頃は、大学はつまらないモノだと思っていました。

 

しかし色々と「体験」をすることで「大学=つまらない」の時期は抜けました。

 

そんな「大学がつまらない」を解消するオススメ3選について僕の体験から説明していきます。

 

「大学がつまらない」を解消するオススメ3選

「大学がつまらない」を解消するオススメ3選

大学がつまらないと感じる人と、そうでない人の違いはただ1つです。

 

それは「経験」をたくさんしてるかどうかだけの違いです。

 

僕は以下の3つで、たくさんの経験をして「大学=つまらない」時期を抜けました。

・自分の将来のライフスタイルを考えてみる
・大量の本を読んでみる
・バイト以外で稼ぐ経験をしてみる

 

1つ1つ説明していきます。

自分の将来のライフスタイルを考えてみる

自分の将来のライフスタイルを考えることで、つまらないと思う時間は一切なくなりますよ。

 

大学卒業後に、自分は何をしたいのか。

 

こういうことを紙に書き出すなりして取り組んでみれば、意外とやるべきこととか必要なモノが見えてきます。

 

僕は将来、満員電車に揺られ、睡眠も少ないようなサラリーマンになりたくないと思っていました。

 

そのためには、何が必要だろうと考えた結果、会社に頼らずとも稼ぐ力が必要と分かりました。

 

それからは必死に稼ぐ方法を勉強したりなど、割と充実感にあふれた生活を送れました。

 

ちなみに僕のように人の下で働きたくないと思う人は、人の下で働きたくない人は超ワガママになりましょう。【書籍アリ】で具体的な解決策を説明しています。

 

自分の将来のライフスタイルを考えるだけでも、やるべきことが目に見えてくるのでオススメですね。

 

大量の本を読んでみる

大量の本を読むことは大学がつまらないと思っている人にオススメです。

 

大学がつまらないと感じている1番の原因は周りの世界をほとんど知らないからです。

 

本は、そうした様々な世界観について知ることができます。

 

同じ大学生でも年商3億とかの会社持ってる人もいますし、高校生ながらフィリピンに住んで会社を経営しているJKなんかもいます。

 

このように、大学なんかの狭いコミュニティばっかに目を向けずに、違う視点を持てば様々な人がいることが分かります。

 

本はそうした自分の世界観を広げることを手助けしてくれるアイテムです。

 

大学がつまらないと感じている人は今のムダな時間を、大量の本を読むことに当てることをオススメします。

 

バイト以外で稼ぐ経験をしてみる

バイト以外で稼ぐ経験は必ずした方が良いですよ。

 

様々な観点で価値観がぶっ壊れるので。

 

例えば、稼げる金額もそのうちの1つですね。

 

僕は現在月に200万円ほどネットで稼いでいますが、はっきり言って普通の大学生でこれだけ稼ぐのはまあ無理ですよね。

 

他にも社会に通用するスキルを身につけることが出来ます。

 

僕はネットで稼ぐために、「マーケティング」とか「ライティング」などの分野を勉強しました。

 

これって普通に飲食とかのバイトをして身につけれるモノではありませんよね。

 

ちなみに、僕と同じようにネットで稼いでいる先輩は就活の時、このマーケティングやライティングなどについて、自分の実力を説明したことで10社全てから内定をもらっていました。

 

このように、バイト以外の稼ぎ方を経験すればバイトでは得ることができない知識やスキルを身につけることができます。

 

ですので、大学がつまらないなんてことは全く思わなくなりますね。

 

ちなみにバイト以外の稼ぎ方についてはバイト以外で稼ぐ方法5選。【厳選済み】1番稼ぎやすい方法は〇〇ですで詳しく解説しています。

 

大学がつまらない人はとにかく「行動」すること

大学がつまらない人はとにかく「行動」すること

「大学=つまらない」を解消するためには結局は行動に移せるかどうかなんですよね。

 

つまらない大学生活を解消するための方法をどれだけ詰め込んでも、実際に行動に移さないとただのノウハウコレクターです。

 

面白い話を1つ

僕は以前、大学の知り合い2人に「お前のように充実した大学生活を送りたい」と言われました。

 

ですので僕が行っているネットビジネスについて教えてみました。

 

1人は行動力があるやつだったので、僕から聞いたことはすぐに実践するし、毎晩、僕の家に泊まりに来るくらい熱心にやっていました。

 

それくらい熱心に打ち込んでいるからもちろん稼げていました。

 

しかし、それ以上に「夢中になれるモノができてよかった!」と喜んでいました。

 

さて、もう1人の方ですが、

残念ながら彼は「少し面倒くさそう」と一言残してフェードアウトしていきました。

 

今でも「大学はつまらない」と言いながら過ごしています。

 

2人はもともと、大学がつまらないと不満を持っていました。

 

1人はその現状を変えるために実際に自分の体を動かしましたが、

 

もう1人はめんどくさいと言う理由1つで動こうとしませんでした。

 

この話から分かるように、結局はつまらない「今」を変えるために動けるかどうかなんですよね。

 

つまらない大学生活を変える唯一の方法は、入れた知識を元にすぐに動くことです。

 

厳しいですが、「めんどくさい」がある人は一生つまらない大学生活のままです。

 

サクッと動いて自分の知らない世界を体験してみることが大事ですね。

 

質問:大学はつまらないですが中々行動を起こすことができません・・

質問:大学はつまらないですが中々行動を起こすことができません・・

「大学はつまらないですが中々行動を起こすことができません・・」
まずは簡単な小学生でも出来ることから始めればOKです。

 

例えば、上で書いたオススメ3選の本を大量に読んでみることは数千円のお金さえあればできます。

 

いきなり難易度が高いものに挑戦しようと思っても諦めて、落ち込むだけですよ。

 

1歩目が肝心

僕の経験から、新しいことに挑戦し出すときは1歩目のレベル設定が超重要です。

 

以前、自分を変えたい!と引きこもりがちな友達が急にヒッチハイクに挑戦すると言い出しました。

 

その結果、開始10分で車が1台も止まってくれず、「やっぱり自分はダメなやつなんだ」と更に引きこもりがちになっていました。

 

人間なんて弱い生き物なのでいきなり難しい慣れないことは出来ないモノです。

 

だから最初は、先ほど言ったような本を読んでみるとか、バイト以外の稼ぎ方を調べて見るとか、簡単にできるモノから始めてみるべきです。

 

そのような小さな積み重ねを1ヶ月もすれば、かなり行動力のある人間になれていますよ。

 

まずは、簡単で小学生でも出来るようなことから始めればOKです。

 

大学がつまらない?最高に面白くする方法はたった1つ【人生も変わる】まとめ

大学がつまらない?最高に面白くする方法はたった1つ【人生も変わる】まとめ

正直なところ、大学はただ過ごしていてもつまらないモノです。

 

4年間という時間の間に、どれだけ自分が体験したことのない世界に飛び込めるか、これがポイントです。

 

どれだけ良い大学に入っていても、ずっと同じ世界に閉じこもっている人はいつまでも変われませんからね。

 

僕はネットビジネスの世界に出会って、今までの常識は良い意味でかなりぶっ壊れましたし、この世界に飛び込んで良かったと思っています。

 

僕は、もりさんの電子書籍&ストーリーで大学がつまらないと思っている方向きに僕が夢中になっている「ネットビジネス」のお話をまとめています。

 

読者さんからは「つまらない大学生活が変わりました!」と声をいただいてます。

 

無料で読めますので良ければどうぞ。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今だけAmazonで販売中の電子書籍が無料で読めます

僕は大学生ですがパソコン1つで月収100万円を達成しました。

 

ここまでを聞くとなんとなく凄そうですが

別に才能があったわけでも、スキルがあったわけでもなく仕事もできないダメ人間でした。

 

やりたいことも見つからず、夢を持つことも努力することもできなかった僕でもビジネスに出会って少しの間だけ真剣に努力したところ学生ではありえないほどのスキルと大金を得ることができ、ビジネスをする過程で学校では学べないことをたくさん学びました。

 

人の購買心理を促す方法、マーケティングやコピーライティング、コンテンツを使った価値の提供など...その経験から、人は誰でも正しく勉強して、成長すれば簡単に大きな資産を作りあげることが可能であると確信しています。

 

そしてそういった人が増えれば一人一人に活気が生まれ世の中のサービスや価値が良くなると本気で思っています。

 

そういった信念のもと僕がどのようにゼロから資産形成したのか、それを1つの書籍にして出版しました。今だけその書籍をメルマガで無料公開しています。20分程度で読める内容なのでもし興味があれば手にとってみてください

 

電子書籍「圧倒的独立の力」を読んでみる

 

メールアドレスを入力後すぐに受け取ることができます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-大学生活

© 2020 もりさんのブログ Powered by AFFINGER5