【保存版】ブログで質の高い記事を書く方法【ポイント3つを解説】

ブログ

【保存版】ブログで質の高い記事を書く方法【ポイント3つを解説】

2020年9月22日

【保存版】ブログで質の高い記事を書く方法【ポイント3つを解説】

こんにちは。もりさんです。

 

ブログの質ってどうすれば上がる?そもそもブログの質ってなんだ??「質」ってわりと主観的な気がするから「質の高い記事の書き方」をノウハウとしてまとめてほしいです。

 

こんな悩みを解決していきます。

 

本記事の信頼性

もりさん
僕はブログ歴1年と10ヶ月ほど。ブログからお金を生み出せており、「質の高い記事」について濃く話せると思います。

Twitterのフォロワー数は4000人くらい。

 

ブログの質って、文章力や表現方法など、わりと主観的な話で決まると思われがちですよね。

 

しかし、質が高い記事とは「読者の悩みを解決し、読者の行動までも用意する」という1点に落ち着くと思います。

 

僕はブログで、アクセスと収益を集めており、「ブログの質とは・・」といった話をわりと深く話せると思うので記事にしていきますね。

 

”記事の質を高める方法”についても、ノウハウにしてまとめましたので参考にしてください。

 

ブログの質とは?【読者視点で考える】

ブログの質とは?【読者視点で考える】

 

そもそも「質の高い記事」って何ですかね?

 

質が高い記事とは

・問題解決ができる記事
・読者が行動できる記事

 

僕は上記を、「質の高い記事」だと判断しています。

 

理由は、ブログの主役である読者に感謝され、かつ運営側(僕ら)がほしい「アクセス・収益」につながるからですね。

 

この点は超重要なので、それぞれを深掘りしていきます。

 

問題解決ができる記事

 

言うまでもなく、ブログの本質は「問題解決」です。

 

ですから、読者の悩みに対して適切なアンサーを返していけば、もうそれは質の高い記事と言っていいでしょう。

 

カンタンに言えば、「社会貢献」ができている記事になっているか・・ということですね。

 

書きたいことを書くのではなく、「読者が求めている情報のみ」を書く。

ここの意識が超重要です。

 

過去の自分に向けて書こう

 

ちなみに僕は、毎回「過去の自分」に向けて書くようにしています。

 

本記事も、質の高い記事とはなんだ・・?と悩む「バカだった自分」でも理解しやすいように執筆しています。

 

過去の自分じゃなくても、リアルに存在する”誰か”に向けて書く意識がタイセツです。

 

読者が行動できる記事

 

問題を解決する上で、「読者が行動できる」という点も重要です。

 

ざっくり言ってしまうと、「マネタイズ導線」の設計ですね。

 

そもそもですが、読者が行動する(本を購入、サービスに申し込む)ときにアフィリ報酬は発生します。

 

ですので、読者の問題を解決するために必要な商品・サービスがあるならそこもきちんと提示する。

 

となれば、読者としても悩みを解消するために適切な行動ができるし、僕らブロガーにも収益が入りますよね。

 

読者の悩みを解決する=読者を慰める、ではありません。

自分の体験を元に、正しい方向へと導くことが質の高い記事ですね。

 

ということで、以上の2点が質の高い記事の特徴でした。

 

とはいえムズいと思う

 

ここまでの話を聞いて、わりと理解できたなと思う方は、この先を読まなくても大丈夫です。

 

しかし、「概念は分かるけど・・具体的に何をすべきなの?」と思う方は、もう少しお付き合いください。

 

質の高い記事の作り方を、再現性のある”ノウハウ”としてまとめます。

 

質の高い記事の作り方【3ステップで解説】

質の高い記事の作り方を解説

 

①キーワードを選定する
②ペルソナを設定する
③検索意図を考える

 

僕が記事を作成するときは、上記の3点のみを考えています。

 

この3ステップでアクセスと収益を生み出せているので、参考になるはず。

1つずつ解説していきますね。

 

ステップ①:キーワードを選定する

 

どのキーワードで記事を書くのか決めないと、読者像は見えてきません。

ですので、キーワード選定を行うことが基礎中の基礎です。

 

SEOキーワード選定する方法を5つのステップで解説【サイト設計図】にて、SEO観点から最大限にアクセスを伸ばしていける選定法をお話ししています。

いつもキーワードを適当に決めていたな・・と思う人はまずこちらを参考にしてください。

 

ブログネタは山ほどある話

 

キーワードを決めよう!といった話をすると、「ネタがもうないんです・・」と相談を受けることがありますが、ネタは無限にありますよ。

 

僕は170日ほど毎日更新をしていますが、ネタ切れをした経験がありません。

 

まぁ、、答えを言ってしまうと、「ラッコキーワード」と「Google先生」を使ってネタを教えてもらっているからですね。笑

 

ブログ初心者でもネタ切れを秒で解決する方法【悲劇の過去も公開】にて、上記で書いたネタ切れの対処法をお話ししています。こちらも参考にしてください。

 

ステップ②:ペルソナを設定する

 

*ペルソナ=ターゲットとなる人物像

 

キーワードが決まっても、すぐに記事を書くのはNGです。

というのも、「誰に向けて書くか」を決める必要があるから。

 

当たり前ですが、”誰でもない誰か”に向けて書いても、読まれない記事ができるだけです。

 

僕もペルソナを考えずに書いていた頃は、とことん読まれませんでした。

 

中には3ヶ月で0PVの記事もあり、おつかれさよなら・・の状態でしたね。。笑

 

【かんたん】ブログのペルソナを設定する3つの手順【具体例あり】にて、簡単なペルソナ設定の方法を説明しています。

ターゲットが明確になると、読まれる(質が高い)記事が作成できますよ。

 

ステップ③:検索意図を考える

 

読者の悩みは何なのか・・?を考えるフェーズですね。

 

ここが記事作成の際、1番重要な点でして、たっぷりと時間をかけるべき。

なぜなら、検索意図を明確にするからこそ、読者のためにすべき話が見えてくるからです。

 

僕も検索意図を考える&構成を作る作業に1時間ほどかけており、そこからようやく本文を書き始めます。

 

最低でも30分はかけるべきだと思っており、【SEO】検索意図を理解→記事の9割は完成してます【調べ方も解説】にてその辺りの話を解説しています。

ぶっちゃけ検索意図さえ抑えれば、記事の質は一定レベルに担保されますよ。

 

ブログの質を高める唯一の方法→鬼のライティング

ブログの質を高める唯一の方法→鬼のライティング

 

ありきたりな結論でスイマセン。

しかし、これこそが本質であり、受け止めるべき現実です。

 

質の向上には時間がかかる

 

スポーツにしても、質を上げるには圧倒的な練習が必要です。

 

僕らブロガーの場合は、ライティングをとにかくこなすことが重要ですね。

 

前章でお話しした3ステップを使えば、質は上がると思います。

とはいえ、表現法や文章力という「主観的な質」は記事を書かないと、伸びません。

 

イチローが365日素振りを続けたように、僕らも毎日文章に触れあっていくことが大切なのかなと思います。

 

思考のない継続は意味がない

 

1つ注意点として、「とにかく量をこなせばOK」と思うのは危険信号です。

なぜなら、思考のない継続は、効果を生み出しにくいから。

 

僕は記事を書くとき、毎回1点ずつ「今日はこれを意識しよう」というクセを付けるようにしています。

 

同じ量をこなすにしても、どうせなら「成長スピード」にも目を向けるべき。

 

ライティングの基礎を固めておこう

 

ということで、ライティングの基礎を学びつつ、最速で質を高めていくことが大切です。

 

なお、ライティングの基礎を固めるには、下記の2冊を読むことがおすすめ。

 

 

 

上記2冊は、プロのライターが書き下ろしている本でして、書き手として意識しなければならない点がふんだんに盛り込まれています。

 

僕は3周くらい読み込み、今でも基礎を忘れていないか・・と読み返すこともありますね。

 

ブログ運営の初心者におすすめな本5冊【ガチで役立った本たちです】にて、上記2冊の説明や、他にも僕が「ためになった・・」と感じる本を紹介しています。

こちらも良ければ、参考にどうぞ。

 

萎えつつも、取り組みあるのみ

 

ブログを書く上で、萎えることって100回、いや1000回くらいあると思うんですよ。

 

僕も「またザコい文章を書いてしまった・・」と感じることはよくあります。

 

それでも、書き続けることが”質”を上げていく最大の解決策ですので、萎えつつもゴシゴシと記事を書いていきましょう。

 

そしたら、少しずつ「伝わりやすい記事を書けたな」と思うことが多くなりますよ。

 

自己満で記事を書くのは本質からズレていますが、それでも自分の成長を感じられるということは、客観的に見ても成長している証拠だと思います。

 

なお、ブログに対するモチベーションが消えつつある人は下記の記事をどうぞ。

 

【かんたん】ブログのモチベーションを上げる方法:目的と手段を理解する
【かんたん】ブログのモチベーションを上げる方法→目的と手段を理解する

続きを見る

 

他人もよく観察しておこう

 

視野がせまくなるとドツボにはまることがあるので、他のブロガーさんもよく観察しておくべきですね。

 

「そんな導線貼ってるんだ!」とか、「こんな書き方もありだな~」と面白い収穫はけっこうありますよ。

 

ブログをパクるのは戦略として必須【最速で数字を生み出すコツを解説】でも書きましたが、良いところはどんどん盗むべし。

自分の成長に焦点を合わせていくのみです。

 

まとめ:【保存版】ブログで質の高い記事を書く方法【ポイント3つを解説】

【保存版】ブログで質の高い記事を書く方法【ポイント3つを解説】:まとめ

 

今回は、質が高い記事の作り方という点をお話ししてきました。

 

質が高い記事とは下記の通りですね。

 

読者の悩みを解決し、読者の行動も用意する。

 

この1点を意識しつつ、がんがん記事を書いていきましょ。

ブログの質を上げるには、記事を書いていくことが1番効果的ですから。

 

ライティングの基礎を学べる本

 

 

-ブログ

© 2021 もりさんのブログ Powered by AFFINGER5