ブログ

ブログをパクるのは戦略として必須【最速で数字を生み出すコツを解説】

ブログをパクるのは必須である【最速で数字を生み出すコツを解説】

こんにちは。もりさんです。

ブログってパクっていいのかな?パクるときのコツは何だろう?どんな考えを持ってパクればいいのか知りたいです。

こんな悩みを解決していきます。

本記事の信頼性

もりさん
僕はブログ歴1年と10ヶ月ほど。ブログから毎月お金を生み出すことに成功しています。

Twitterのフォロワー数は3600人くらいです。

ブログで結果(PVや収益)を出したいなら、パクりは必須です。

僕も過去に、いろんな方のブログを参考にしてきました。

今回は、ブログをパクる重要性と、実際の手順についてお話ししていきますね。

なお、パクる=コピペみたいな幼稚な話ではなく、戦略をパクっていくという考えの元、話を進めていきます。

ブログのパクリは戦略として真っ当である話

ブログのパクリは戦略として真っ当である話

理由は、稼げているブログの型・本質を学ぶことで、最速で稼いでいくことができるからです。

稼げているブログの型は、すべて同じ

上記の通りで、ブログで稼ぐための「型」というものは存在します。

だから、収益化に成功しているブログを観察して型をパクれば、最速で稼ぐことができるよねという話です。

ちなみに、稼げているブログの型は、ざっくり言うと下記の通り。

①収益記事が数本だけあり、
②集客記事が大量にある。
③そして付加価値をつけている

パクるというのは、ただ記事をコピペするのではなく、上記の3つを、自分のブログに転用していくというイメージですね。

なお、詳しいパクリ方については、本記事の2章でお話しますのでご安心を。

【初心者へ告ぐ】自分の主観には頼るべきじゃない

「まずはパクった方がいいよ~」という話をすると、「自分は〇〇という考えがあるんだ!」と、反論をする人がいますが、自分の主観は当てにしない方がいいですよ。

というのも、主観にはデータ的な根拠がなく、ただの感情論であることがほとんどだからです。

僕の知り合いブロガーは、自分の「なんとなくの主観」だけを頼りにブログを書き続けていました。

その結果は悲惨でして、6ヶ月続けて、総収益は200円ほどでしたね・・。

やはり、自分の主観なんて当てになりません。

当ブログでも、データを見つめることに集中するようにしてから、お金は発生し始めました。

お金が発生しているブログには根拠があり、その根拠を理解して、自分のブログに転用させていくことが大切だと僕は常に思います。

世の中はパクリ、パクられの世界

ちなみにですが、世の中はパクリ、パクられの繰り返しです。

例えば、YouTubeには最近ストーリー機能ができましたよね。

あれも元はインスタグラムで有名だった機能ですし、さらに言えば、そのストーリー機能はSnapchatというアプリが初めに作った機能です。

ほかにも、ホームセンターとして有名な”ワークマン”も”カインズホーム”の戦略をパクり、業績を伸ばしていることは有名な話ですからね。

参考>>ワークマンは「カインズのパクり」で成功。

ぶっちゃけ世の中に、完全オリジナルなアイデアとかありません。

だからこそ、僕らブロガーも収益化に成功しているブログから、稼ぐための型を抜きだしていくことが必須なんですよね。

ブログをパクるときの手順【3ステップ】

ブログをパクるときの手順【3ステップ】

ということで、具体的にどのようにパクっていけばいいのかという手順を解説していきます。

①収益記事を見つける
②集客記事をリストアップ
③ゴリゴリと生産していく

やるべきことは上記の3つです。

今回は当ブログを例に、解説していきますね。

当ブログからパクってもらっても構いません。笑

パクリ手順①:収益記事を見つける

まずは、収益を生み出している記事の特定です。

どの記事から収益化しているかを知らないと、当然ですがお金は生み出せませんからね。

ちなみに、当ブログは以下の2記事が主な収益記事です。

TOPページを見てみよう

収益記事を特定するには、TOPページを見ればOKです。

というのも、TOPページは1番人に見られる場所で、当然収益につながる記事を置いているからです。

当ブログのTOPページでは、以下のように記事を置いています。

パクる際はTOPページを見るべきだということを示す画像

余談ですが、、TOPページには収益記事以外もあり、それがどんな狙いか分かる人は、観察力・洞察力が高いと思います。試しにどうぞ。

>>もりさんのブログのTOPページ

パクリ手順②:集客記事をリストアップ

収益記事が特定できれば、次は集客記事をリストアップしていきます。

集客記事とは、収益につながるリンクは貼らず、収益記事に読者を流していくための記事のことです。

収益記事は、多くの人が書くため、SEO的にも大量のライバルがいるのは当たり前ですよね。

ですので、収益記事を読んでもらうための、”集客をする記事”を書くというわけですね。

カテゴリーを見てみよう

集客記事を特定するには、収益記事と同じカテゴリーの記事をすべて見ていけばOKです。

試しに、上記の僕が書いているカテゴリーを読んでみてください。

必要に応じて、収益につながる適切な記事へと誘導しています。

このように、どんな集客記事を書いているのかを特定していけば、お金が発生するビジョンもわりと明確に見えてきますよ。

パクリ手順③:ゴリゴリと生産していく

①、②が終われば、後は記事の生産です。

なお言うまでもなく、記事本体をコピペするのはNGですよ。

コピペしても、Googleにばれてペナルティをくらうだけですので。

コピペなどしなくても、”テンプレート”を使えば、良質な記事は書けます。

【収益UP特化】アフィリエイトの記事の書き方のテンプレートを公開に書いてあるテンプレートを使用して、僕は一定の質がある記事を生産しています。

上記を見れば、質を保ちつつ、記事を量産していくことが可能ですよ。

時間はかかるかもしれませんが、ゴリゴリと作業していけば、金脈は見えてきますね。

型をパクりつつも、付加価値を付けていこう

型をパクりつつも、付加価値を付けていこう

上記を参考に型をパクっていけば、稼げるブログを構築していくことはできます。

しかし、注意点が1つありまして、それはブログに「付加価値」を付けていくことです。

付加価値を付けないと、同じ型をパクる人たちの激しい競争に巻き込まれ、消耗していくのみですからね・・。

* 付加価値とは、要するにブランディングであったり、その人にしか出せない個性といったところ。

付加価値さえあれば、同じジャンルに企業メディアがライターを雇ってきても争うことはありませんし、読まれ続ける記事を構築していくことが可能です。

じゃあ、どうやって付加価値を付けていくのか・・と言うと主に以下の2点ですね。

①体験談(データ等)を練り込む
②Twitter運用を本格的に行う

僕はこの2点を、かなり重視しています。

①:体験談(データ等)を練り込む

記事を書くときは、できるだけ自分の体験談を元に話を進めていくことがおすすめです。

そうすれば、情報のソースはすべて自分になりますし、読者からしても「この人のブログでしか読めない内容だ」と気づいてくれます。

僕も記事を書くときは「〇〇をしたから、SEO1位が量産できていますね~」など自分の経験・データを元に話していますね。

下記は昨日書いた記事で、見てもらえると分かるのですが、僕のデータと僕が行った手法を中心に話を進めています。

体験談(データ等)などを元にした記事を書けば、オンリーワンの価値が出せるので、競争には加わりません。

記事の文字数や詰め込んだ情報量で戦う不毛な争いは、避けていくことがタイセツですね。

②:Twitter運用を本格的に行う

ブロガーにとって、Twitterを運用しない手はありません。

なぜなら、Twitterを運用すれば「〇〇さんが書いているブログだから読みます」という一種のファン化を生み出すことが可能だからです。

僕も尊敬している方が何人かいて、その方がブログを更新したツイートをすれば、すぐに読みますね。

あと、Twitterを見ていたらその人の人間性とかが分かるじゃないですか。

だから、ちょっとした好意を持ちつつ記事を読みますし、Twitterで発信を続ければ続けるほど、Twitter経由で読んでくれる方は増えていきますよ。

当ブログも1日に数百人の方が訪れてくれており、ほんとに、ありがたい限りです・・。

なお、自分なんかがTwitterを使っても、誰も興味持ってくれないよ・・という不安は必要ナシです。

僕は顔出しもしていませんが、4,000人ほどの方にフォローをいただいており、Twitterでフォロワーを増やす簡単な方法【フォロワー3600人の僕が解説】にて、どのような戦略をとっているか解説しています。

こちらに関しても、パクってください。

ブログをパクるのは必須である【最速で数字を生み出すコツを解説】:まとめ

ブログをパクるのは必須である【最速で数字を生み出すコツを解説】:まとめ

今回は、ブログにおけるパクリの重要性をお話しました。

僕は、根拠のない自己流に走るのはおろかであると強く思っています。

守破離という言葉が昔から使われているように、まずは型をパクっていくことが最速で数字を出していくことのカギですね。

自分で言うのもあれですが、、当ブログは230記事ほどあり、パクるために必要な記事数もそれなりにそろっているはずなので、パクる元にしてもらっても構いません。笑

当ブログは、TOPページ含めて1つ1つの記事にまで狙いは付けているので、要素を抜き出し、自分のブログへと転用させてみてください。

今回は、この辺りで筆を置くことにします。

それでは!

>>当ブログのTOPページ

-ブログ